【名医厳選】膣縮小ナビ » 膣治療【医療コラム】

膣治療の最新情報【医療コラム】

膣の治療【医療コラム】

「最近、咳をすると尿漏れを感じる」「だんなや彼氏に指摘された」など、膣ゆるみに悩む方に向けて、研究論文や臨床実験に発表されている、原因やゆるみによって起こる症状や治療についてわかりやすくまとめました。また、ミドル世代の膣縮小治療に関しての現状など意識調査も紹介しています。英文のみ発表されている論文も翻訳会社に翻訳してもらってまとめています。

【膣治療コラム】膣のゆるみの原因は?

40代前後から膣のゆるみは進行し、尿失禁などの症状を感じ始めます。ただし、ミドル世代ともなってくると、実は自然現象とも言えるぐらいほぼ誰もが経験する現象です。そんなミドル層特有の病状である膣のゆるみ、近年では、20代後半から膣ゆるみを認められる方もいらっしゃるようです。

ここでは、膣のゆるみがどのように起こるか、まずは膣のメカニズムを正しく知ってもらうために、各論文を引用しわかりやすくまとめました。また、膣ゆるみの状態によってどんな治療法を検討するべきかも異なってくるようですので、膣圧と膣ゆるみの2種類の症状との関係性を研究した報告をピックアップして紹介していきますのでぜひチェックしてみて下さいね。

膣のメカニズムとどんな治療法が検討できるか研究報告解説をみる

【膣治療コラム】膣引き締めの手段とその効果

膣のゆるみからくる症状に悩んでいて、膣を引き締めたいけどどんな方法があるのかわからない方またはどんな改善方法があるのか知りたい方に向けて、まずは自己トレーニング「骨盤底筋訓練」の臨床実験を紹介します。

もう一つの改善方法として医療機関で治療をする方法があります。医療機関での治療方法は様々な治療方法が開発されていますが、その中でも今回はレーザー治療にクローズアップしました。それぞれのメリット・デメリット、治療を受けた人の3年を追うことによって、膣縮小治療の効果の継続期間を発表している研究結果も紹介していますので、膣の引き締め治療を検討している方はぜひ参考にしてみて下さい。

膣引き締めの研究報告解説をみて自分にあう膣引き締めの治療法を知る

【膣治療コラム】膣ゆるみと加齢の関係

女性ならいずれは多少なりとも経験するだろう膣ゆるみの症状。尿失禁、不感症、パートナーに与える性的快感の減少など。いくつになっても女性としてのQOL(*1)は高く保ち、女性としての自信を持ち続けたいものです。

それでは、何歳ぐらいから膣ゆるみの症状を感じている方が多いのでしょうか?そして、膣縮小の改善方法の1つ「膣トレ」を知っていて認知している人の割合は?「膣トレ」を続けるのが難しいと感じる原因や他の治療法に対しての認知度などを報告している論文をわかりやすくまとめてみました。

膣ゆるみと加齢の関係、他のミドル世代の膣治療の現状をみてみる

【膣治療コラム】産後の膣ゆるみ

出産後、「膣がゆるくなったように感じる」「パートナーから指摘を受けた」など、膣の状態で悩む人も多いはず。出産を経験した女性を対象に行われたアンケート調査では約85%の女性が『出産後に尿漏れを起こすようになった』と回答しているそう。この調査結果が示す通り、産前産後で女性の身体は大きく変化します。

出産を経験すると膣はなぜゆるくなってしまうの?その原因と解決策を分かりやすくまとめました。しかるべきタイミングで正しいケアをしないと、膣の状態はもとに戻らない可能性もあります。ぜひチェックしてくださいね。

産後の膣ゆるみの原因と解決策をみてみる

【膣治療コラム】膣縮小の失敗

自分自身のコンプレックス克服やパートナーのためなど、膣治療を受ける女性の理由はさまざま。でも、治療行為にはもちろんリスクが伴います。膣縮小治療は比較的安全な施術とされていますが、詳しく調べていると後悔している女性の体験談も…。

こちらでは膣縮小治療のリスクや起こり得る失敗をまとめました。失敗をふせぐために、あなたにできることも紹介しています。安易にクリニックを選んでしまう前に、一度読んでみてください。

膣縮小治療のリスクと失敗談をみてみる

【膣治療コラム】尿漏れは本当に手術で治るのか

成人女性の3~4人が何らかの排尿障害に悩んでいるといわれており、特に尿漏れはその中でも大きな割合を占める症状です。

女性の尿漏れには「切迫性尿失禁」や「腹圧性尿失禁」といった種類があり、それぞれの症状によって原因や治療法も様々です。そのため、まずは原因をしっかりと追求して、薬物療法や運動療法で治療できるのか、それとも手術が必要なのかなど、正しい治療計画を立てることが欠かせません。また、近年は女性泌尿器科(ウロギネコロジー)という専門性の高い診療科も誕生しています。

そこで、今回は女性の尿漏れの原因や症状、さらに保険適応の手術から自由診療の手術まで、悩みを抱える女性のために徹底的に解説してみました。

尿漏れは手術で本当に治るのか、手術とその効果についてみてみる

【膣治療コラム】正しい膣ケアや膣トレって?

出産や加齢によって膣ゆるみのリスクはどうしても高まりますが、一方で適切な膣ケアを普段から続けていくことで、膣のゆるみを予防したり、症状を改善したりすることも可能です。

正しい膣ケアには、骨盤底筋の機能を高めるトレーニングなどの膣トレや、ライフスタイルの改善といった自分で行えるものだけでも体感できるほどの効果が得られる場合があります。

ここでは、簡単な膣のセルフチェックから、膣ゆるみを改善させるトレーニングの方法まで、具体的に紹介していますので、ぜひ活用してくださいね。

正しい膣ケアの方法と膣トレのノウハウについてみてみる

【膣治療コラム】膣縮小手術の術後の悩みやトラブルとは?

膣縮小手術の術後、予定外の出血や激しい痛みなどが生じてしまうリスクも存在します。そしてその場合、速やかに担当医へ相談して適切な処置を受けなければ、より深刻な問題へ発展することもあるでしょう。

また、膣縮小手術を受けた女性の中には、肉体的な問題だけでなく、パートナーとの関係やライフスタイルに関連した悩みを抱えている人もいます。

そのため、膣縮小手術を受ける際は、事前に色々なリスクやデメリットについて確認した上で、充分に納得して手術へ進むことが大切です。

そこで、まずは膣縮小手術の術後の悩みに関する実際の女性の声や、医師の見解を参考にしながら、術後のトラブルとリスク管理の方法について考えていきましょう。

膣縮小手術の術後の悩みについてみてみる

【膣治療コラム】セックスレスや更年期で心配な膣萎縮と萎縮性膣炎とは?

膣縮小手術の術後、何らかの理由によって女性ホルモンが減少することで、膣の粘膜が乾燥したり膣壁が薄くなったりと、膣の萎縮が進行します。そして膣萎縮が進んで膣内環境が悪化すると、雑菌への抵抗力も弱まって、痛みや出血といった萎縮性膣炎の症状が引き起こされます。

一般的に、萎縮性膣炎は更年期(閉経)による女性ホルモンの減少が原因とされていましたが、近年は若い世代でも症状を訴える女性が増えており、注意しなければなりません。

また、萎縮性膣炎による性交痛が原因でセックスレスになったり、セックスレスがストレスとなってさらに症状が悪化したりする恐れもあるなど、女性としてのQOLを考える上で膣萎縮や萎縮性膣炎の予防は非常に重要です。

膣縮小手術の術後の悩みについてみてみる

*1クオリティーオブライフ:生活の質。患者の人間性や主体性を重視し、患者の生活を向上させることや考え方

名医で選ぶ

膣縮小クリニック
TOP

  • 2

    泌尿器医療に豊富な実績を持つ院長先生が率いるチーム医療で女性器の悩みを解決

    LUNA 骨盤サポート
    クリニック

    泌尿器医療に豊富な実績を持つ院長先生が率いるチーム医療で女性器の悩みを解決

    関口由紀先生

    関口由紀先生

    引用元:
    LUNA骨盤底トータルサポートクリニック
    http://www.luna-clinic.jp/about.html

    • 実績(症例数):
      公式サイトに記載なし
    • 対応施術:2種類
    • 住所:
      神奈川県横浜市中区元町2-96鈴音ビル2F

    LUNA 骨盤サポート
    クリニック
    公式サイトで相談する

  • 1

    女性器形成治療の実績

    3000症例以上の院長先生が対応してくれる

    みどり美容クリニック

    女性器形成治療の実績

    3000症例以上の院長先生が対応してくれる

    満行みどり先生

    満行みどり先生


    引用元:
    みどり美容クリニック
    http://www.midocli-ladys.com/doctor/

    • 実績(症例数):
      3,000症例以上
    • 対応施術:7種類
    • 住所:
      東京都渋谷区広尾5-16-2 KITAMURA65KAN 3F

    みどり美容クリニック
    【公式】お悩み相談室
    で相談をする

  • 3

    形成外科の技術をベースにつねに患者さんの満足度を追求していく姿勢をつらぬく

    東京イセアクリニック

    形成外科の技術をベースにつねに患者さんの満足度を追求していく姿勢をつらぬく

    山田奈々先生

    山田奈々先生


    引用元:
    東京イセアクリニック公式サイト
    http://www.tokyoisea.com/doctor.html

    • 実績(症例数):
      公式サイトに記載なし
    • 対応施術:2種類
    • 住所:
      【渋谷院】東京都渋谷区桜丘町26-1 セルリアンタワー東急ホテルロビー階

    東京イセアクリニック
    公式サイトで相談する