【名医厳選】膣縮小ナビ » 膣治療【医療コラム】 » 【膣治療コラム】尿漏れは本当に手術で治るのか

【膣治療コラム】尿漏れは本当に手術で治るのか

日本の成人女性の内、4~3人に1人が排尿トラブルや悩みを抱え、中でも尿漏れは特に大きな割合を占めるとされています。しかし尿漏れには色々な原因があり、改善には症状に応じた適切な治療法や手術法を選択することが欠かせません。そこで、女性の尿漏れの原因と、様々な治療・手術の方法について徹底的に解説します。

尿漏れとは?

尿漏れの症状は大きく2種類

女性の尿漏れでは一般的に挙げられるものとして、大きく2つの症状があります。

まず1つめが「切迫性尿失禁」といわれるものです。

切迫性尿失禁とは、おしっこをしたいと感じてからトイレに行こうとしても、間に合わなくて尿が漏れてしまう症状です。

そしてもう1つの症状が、「腹圧性尿失禁」と呼ばれる症状です。

腹圧性尿失禁は、女性の尿漏れの中で最も多い症状といわれており、笑ったりくしゃみをしたり、また咳をしたり立ち上がったりと、お腹に力がかかった拍子に思わず起こってしまう尿漏れです。[※1]

尿漏れの原因を知っておこう

切迫性尿失禁の原因

切迫性尿失禁の原因は主として、尿をためておく袋である膀胱が縮小してしまっている状態が考えられます。

膀胱が縮んでしまう原因としては、脳の病気や脊髄の病気によって、膀胱の機能を司る神経などに異常を来している可能性が考えられますが、原因不明の場合も多く、きちんとした検査を受けなければなりません。また、加齢とともに症状が悪化するケースも少なくありません。[※2]

腹圧性尿失禁の原因

腹圧性尿失禁は、何らかの理由によって、膀胱や尿道を支えている骨盤底の筋肉(骨盤底筋)の力が低下したり傷ついてしまっていることで引き起こされるとされています。

骨盤底筋の機能が低下する原因としては、妊娠・出産、加齢、肥満、さらには手術など様々なものが考えられます。また、更年期にホルモンバランスが崩れて、症状が悪化するケースも珍しくありません。

腹圧性尿失禁の場合、症状の程度や原因によって治療法が異なるため、やはりまずは詳細に検査して状態を確かめることが不可欠です。[※2]

混合性尿失禁

尿漏れに悩んでいる女性の中には、切迫性尿失禁と腹圧性尿失禁の両方が複合的に発症しているケースもあります。

このような場合、切迫性尿失禁と腹圧性尿失禁のそれぞれの原因に対して適切なアプローチをしなければならず、専門医の指導の下でしっかりと治療計画を立てることが必要です。[※2]

その他の尿漏れ(溢流性尿失禁)

上記の原因の他にも、「尿閉」によって生じる溢流性尿失禁もあります。

尿閉とは、尿が全く出なくなったり、おしっこをしても残尿感が強くある状態で、原因としては排尿に関する筋肉の機能低下や尿道の閉塞、薬の副作用など様々なものが考えられます。[※3]

尿閉のような排尿機能の異常・障害が原因で引き起こされる溢流性尿失禁は、だらだらと尿が漏れてしまうことが特徴です。[※2]

尿漏れを治療するための方法

手術を用いない治療

薬物療法

通常、切迫性尿失禁や過剰な膀胱活動に対しては、膀胱の働きを安定させて膀胱の容量を増加させる抗コリン薬の投与が選択されます。

抗コリン薬には複数の種類がありますが、薬による効き方の違いや、視力障害や便秘、尿閉といった副作用が現れることもあり、使用前に患者の体質や病歴について正しく検査することが欠かせません。

また、腹圧性尿失禁についても、補助的な薬物療法が用いられることもあります。[※2]

運動療法・骨盤底筋訓練

運動や筋力トレーニングによって、意識的に骨盤底筋を強化することで尿漏れ症状の改善を目指します。ただし、正しく訓練しているにもかかわらず効果がない場合、薬物療法や手術を検討することも必要です。[※2]

補助器具

骨盤底筋が弱まって周辺の臓器を支えきれなくなった場合、子宮が膣内に落ちてきたり、膀胱が完全に垂れ下がったりといった「骨盤臓器脱」という症状が現れます。

そこで、落ちてしまった物理的に臓器を支えるため、軽度の患者では補助器具(ペッサリー)を膣内へ挿入することもあります。[※2]

この他、尿漏れパッドなどの補助用品を使用するといったこともあるでしょう。[※4]

手術による治療

尿漏れを治療する手術には、保険適応のものから自由診療のものまで複数あり、健康に問題がなければ高齢者でも可能ですが、いずれにしても妊娠・出産を予定している女性に対しては禁忌となっています。[※5]

TVT手術

TVT手術は1990年頃から行われている手術であり、ポリプロピレン繊維のテープを使って尿道を支えることで、腹圧性尿失禁の症状を改善させます。

保険適応で信頼性も高く、術後数日で退院しできるため、多くの医療機関で行われている手術法ですが、一方で膀胱穿刺や血管・腸管損傷といった合併症リスクも無視できません。[※2]

TOT手術

TOT手術は、TVT手術の合併症リスクを軽減するために考案された手術です。

TOT手術では、特殊な形状の器具を使い、両足の内ももの付け根と膣前壁にテープを通して固定します。手術時間が30分~1時間程度で、手術部位に重要な臓器が少ないためにTVT手術より安全性が高い反面、支える力が弱いため、重篤な尿漏れ患者では効果が薄いこともあります。

また、神経損傷の恐れがあるなど、完全にノーリスクというわけではありません。なお、TOT手術は2012年9月より保険適応の手術として承認されました。[※5][※6]

TFS手術

TVTの効果とTOTの安全性を同時に得ようと開発されたのがTFS手術です。[※6][※7]

TFS手術では恥骨下の尿生殖隔膜にテープを固定するため、合併症リスクが低く重症患者でも治療できます。また、日帰り手術も可能です。

ただし、TFS手術は2019年時点ではまだ自由診療となっています。

仙骨神経刺激療法(SNM)

SNMとは、心臓のペースメーカーのような機器を体内に埋め込んで、電気刺激で膀胱の神経や機能をコントロールする手術法です。[※8]

2017年9月から保険適応となっており、切迫性尿失禁の重症患者でも改善効果があると期待されています。

レーザー治療(インティマレーザー)

膣からレーザーを照射して、尿道と膣壁のコラーゲン組織や筋肉細胞を活性化させることで、低下した骨盤底筋の機能を回復させて尿漏れを改善させる治療法です。

副作用がほとんどなく、施術時間も20分ほどですが、時間と共に治療効果が薄れることと、自由診療であるという点に注意しなければなりません。[※9]

新しい診療科「ウロギネコロジー」とは?

「ウロギネコロジー(女性泌尿器科)」とは、泌尿器科(ウロロジー)と婦人科(ギネコロジー)を組み合わせた造語であり、女性専門の泌尿器科です。

妊娠・出産や更年期といった、女性特有の原因による骨盤底筋の機能低下や排尿障害、さらには女性ホルモンや肉体的な特徴による排尿への影響などを総合的に扱う診療分野として、専門性の高い治療を提供しています。[※9][※10]

編集者後記

尿漏れには女性特有の原因や症状があり、またその内容や程度によって最適な治療法も変わっています。そのため、最初に原因や状態を確かめておかなければ、手術をしても期待通りの効果を得ることはできません。

また、手術には保険適応のものから自由診療のものまであり、効果やリスクも様々です。

そこで、まずは女性泌尿器科(ウロギネコロジー)や女性泌尿器科の専門医がいる医療機関を受診して、詳しく検査をした上で、自分にとって最適な治療プランを立ててもらうようにしてください。

この記事をつくるのに参考にしたサイト・文献

[※1]:亀田グループ医療ポータルサイト,「女性の大敵!尿もれ」[online](http://www.kameda.com/patient/topic/urogynecology/03/index.html)(2019年10月2日参照)

[※2]:女性の健康推進室ヘルスケアラボ,「女性泌尿器疾患・骨盤臓器脱(尿もれ、頻尿、性器脱)」[online](http://w-health.jp/climacterium_trouble/pelvic_floor_disease/)(2019年10月2日参照)

[※3]:MSDマニュアル プロフェッショナル版,「尿閉」[online](https://www.msdmanuals.com/ja-jp/%E3%83%97%E3%83%AD%E3%83%95%E3%82%A7%E3%83%83%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%8A%E3%83%AB/03-%E6%B3%8C%E5%B0%BF%E5%99%A8%E7%96%BE%E6%82%A3/%E6%8E%92%E5%B0%BF%E9%9A%9C%E5%AE%B3/%E5%B0%BF%E9%96%89)(2019年10月2日参照)

[※4]:株式会社メディカル・タスクフォース公式サイト,「排尿機能関連|骨盤臓器脱用ペッサリー Milexペッサリー」[online](http://medical-taskforce.com/sp/item/details28.html?pc)(2019年10月2日参照)

[※5]:高知大学公式サイト,「高知大学医学部泌尿器科学講座」,「尿失禁根治手術 (TVT手術/TOT手術)」[online](http://www.kochi-ms.ac.jp/~hs_urol/diagnose_and_cure/cure/urinary_incontinence.html)(2019年10月2日参照)

[※6]:徳洲会グループ公式サイト,「病気の治療」[online](https://www.tokushukai.or.jp/treatment/urology/nyoushikkin.php)(2019年10月2日参照)

[※7]:女性医療クリニックLUNAグループ公式サイト,「TFS日帰り手術」[online](http://www.luna-clinic.jp/330/)(2019年10月2日参照)

[※8]西日本新聞(online版, 2018年1発29日付),「「尿漏れ」SNM手術に保険適用 自己負担6万円「うそのように楽になった」[online](https://www.nishinippon.co.jp/item/n/389873/)(2019年10月2日参照)

[※9]:セントソフィアクリニック婦人科・内科公式サイト,「ウロギネコロジー(女性泌尿器科)」[online](http://www.st-sophia.jp/gynecology_urogynecology.html)(2019年10月2日参照)

[※10]:亀田グループ医療ポータルサイト(ウロギネコロジーとは),「女性の悩みをズバリ解決!!ウロギネコロジー(ウロギネコロジーとは)」[online](http://www.kameda.com/patient/topic/urogynecology/index.html)(2019年10月2日参照)

名医で選ぶ

膣縮小クリニック
TOP

  • 2

    泌尿器医療に豊富な実績を持つ院長先生が率いるチーム医療で女性器の悩みを解決

    LUNA 骨盤サポート
    クリニック

    泌尿器医療に豊富な実績を持つ院長先生が率いるチーム医療で女性器の悩みを解決

    関口由紀先生

    関口由紀先生

    引用元:
    LUNA骨盤底トータルサポートクリニック
    http://www.luna-clinic.jp/about.html

    • 実績(症例数):
      公式サイトに記載なし
    • 対応施術:2種類
    • 住所:
      神奈川県横浜市中区元町2-96鈴音ビル2F

    LUNA 骨盤サポート
    クリニック
    公式サイトで相談する

  • 1

    女性器形成治療の実績

    3000症例以上の院長先生が対応してくれる

    みどり美容クリニック

    女性器形成治療の実績

    3000症例以上の院長先生が対応してくれる

    満行みどり先生

    満行みどり先生


    引用元:
    みどり美容クリニック
    http://www.midocli-ladys.com/doctor/

    • 実績(症例数):
      3,000症例以上
    • 対応施術:7種類
    • 住所:
      東京都渋谷区広尾5-16-2 KITAMURA65KAN 3F

    みどり美容クリニック
    【公式】お悩み相談室
    で相談をする

  • 3

    形成外科の技術をベースにつねに患者さんの満足度を追求していく姿勢をつらぬく

    東京イセアクリニック

    形成外科の技術をベースにつねに患者さんの満足度を追求していく姿勢をつらぬく

    山田奈々先生

    山田奈々先生


    引用元:
    東京イセアクリニック公式サイト
    http://www.tokyoisea.com/doctor.html

    • 実績(症例数):
      公式サイトに記載なし
    • 対応施術:2種類
    • 住所:
      【渋谷院】東京都渋谷区桜丘町26-1 セルリアンタワー東急ホテルロビー階

    東京イセアクリニック
    公式サイトで相談する