【名医厳選】膣縮小ナビ » 膣治療【医療コラム】 » 【膣治療コラム】産後の膣ゆるみ

【膣治療コラム】産後の膣ゆるみ

「出産後、膣がゆるくなったように感じる」「パートナーから指摘を受けた」など、産後の膣ゆるみにお悩みの方は多いです。なぜ、出産後に膣がゆるくなってしまうのか。

また、産後の膣ゆるみにはどのように対処していけばいいのか。そんな女性ならではのデリケートなお悩みを解決させるために、今回はリアルなデータや体験談を交えて、産後の膣ゆるみに関する情報をご紹介していきます。

産後に現れる、さまざまな症状と原因

出産後、女性の心と身体には、さまざまな変化が現れます。

下腹部のたるみや、妊娠中に増加した体重が減らないなど、体型に関することから、骨盤の歪みや尿もれなどデリケートなお悩みまで、さまざまなお悩みに頭を抱えている女性が多いです。[注1]

いままで膣のゆるみなどを感じたことがなかった人でも、出産後には身体が変化する可能性があります。実は、産後の尿もれ経験者のうち、85%は「出産をきっかけに尿もれを起こすようになった」と話しています。[注2]

「そのうち元に戻るだろう」と考えて放っておくと、取り返しのつかないことにもなりかねません。特に、膣のゆるみは、夫婦生活にも大きな影響を与える可能性があるものです。[注3]

実際に、出産後から身体に変化を感じ始めたという女性の体験談を見てみましょう。

夫にも膣のゆるみを指摘され、ショックです

「出産後、膣がゆるくなっているのではないかと不安でした。産後初めてのセックスのときに旦那に聞いてみると、出産前よりも締め付けが弱くなった気がするとのこと……。赤ちゃんが出てくるときに広がっているのだから当たり前だと思う反面で、少しショックを受けました。」

感覚が鈍くなったのは、膣のゆるみが原因かも

「出産によって膣がゆるくなってしまったのか、感覚が鈍くなった気がします。今までは感度がいいほうだったと思うのですが、出産でこんなに変わるものなのかと驚きました。おかげでセックスが少し面倒に……。以前と同じ感覚を取り戻したいです。」

最近は、旦那への義務感でセックスしています

「ホルモンバランスの関係なのか、性欲がまったく湧きません。旦那には言えませんが、最近は、旦那に対する義務感からセックスをしています。旦那に対する愛情は変わらないのに、こんなに身体に変化があるのかと驚いています。このままだとセックスレスになるのでは、と不安です。」

挿入時に不快感があり、苦痛を感じます

「産後、セックスのときに濡れにくくなりました。気持ちの問題なのか、身体の問題なのかはわかりません。濡れにくくなってしまったおかげで、挿入時には痛みや不快感を伴うことがあります。このままではセックスが嫌になってしまうのではないかと悩んでいます。」

尿もれするようになって、毎日がストレスに

「出産をきっかけに、くしゃみや咳をした拍子に尿もれをしてしまうようになりました。外出をするときは生理用ナプキンを使っていますが、トイレが近くにないと不安に感じます。夫婦の営みのときも尿もれが気になり、消極的になってしまっています。なかなか人にも相談できないし、ストレスを感じる毎日です。」

出産後、ケアを行えていない女性が8割超え

出産後の女性は、膣のゆるみから夫婦生活や尿もれに関するストレスを抱えています。しかし、悩みを抱えながらも、産後に身体に関する産後ケアを行なっている女性は、全体の2割にも満たないというアンケート結果がでています。

産後ケアに関する意識調査結果

調査1:エクササイズなどの産後ケアに取り組みたいか

すでに取り組んでいる 9.2%
今後取り組む予定である 8.3%
取り組んでいたが現在は行なっていない 16.6%
取り組んでみたいが難しい 36.6%
取り組む予定はない 29.3%
すでに取り組んでいる 9.2%
今後取り組む予定である 8.3%
取り組んでいたが現在は行なっていない 16.6%
取り組んでみたいが難しい 36.6%
取り組む予定はない 29.3%

調査2:調査1で「取り組んでいたが現在は行っていない」「取り組んでみたいが難しい」「取り組む予定はない」の回答者が、エクササイズに取り組まない理由

時間の余裕がない 34.4%
スクールなどに通うお金がない 21.1%
必要性を感じない 17.9%
気持ちに余裕がない 11.3%
準備が面倒くさい 7.8%
一人で行きたくない 1.6%
その他 5.9%
時間の余裕がない 34.4%
スクールなどに通うお金がない 21.1%
必要性を感じない 17.9%
気持ちに余裕がない 11.3%
準備が面倒くさい 7.8%
一人で行きたくない 1.6%
その他 5.9%

考察

「出産後も変わらぬ体型や容姿を維持している芸能人に憧れるか」という調査では、70%近くの女性が「憧れる」と回答していました。しかし、実際に自分の身体に変化が起きても、ほとんどの人が何かしらの理由をつけて、産後ケアに消極的になっています。

出産前後で、自分の心や身体に変化が起きていることを不安に感じたり、悩んだりしながらも、「いつかは治るだろう」と楽観的に構えている女性が多いのではないかと考えられます。

出産後の膣のゆるみ、原因と解決策は?

多くの人が感じている、出産後の膣のゆるみ。体験談にもあったように、出産時に赤ちゃんが通ったことにより、当然、膣は一時的に広がります。具体的にいうと、膣のゆるみは「骨盤底筋群」という筋肉の力が弱くなることによって起きる現象です。[注4]

出産によって膣がゆるくなるのは、あくまでも一時的なことであり、通常は、時間とともに徐々に元の大きさへと戻っていきます。

ただし、「骨盤底筋群」は筋肉です。ほかの筋肉と同じように、年齢や体質によっては、衰えたまま元に戻らなくなってしまう可能性も十分にあります。

衰えた骨盤底筋群を復活させるには、ケアが必要

産後の膣ゆるみを解決させるためには、産後のケアが重要になります。産後ケアと聞くと、どこかに通って受けるようなイメージがあり、抵抗感を覚える女性も多いはず。しかし、自宅でも簡単にできる産後ケアは多く存在します。

なかでも、「膣トレ」と呼ばれる骨盤底筋群を鍛えるトレーニングは、ちょっとした時間にもできるとして、産後で忙しい日々を過ごす女性たちに人気を集めています。

トレーニングに効果を感じない場合は、治療も大切

産後ケアを十分に行なったとしても、効果には個人差があるものです。

トレーニングの効果を感じられない場合には、膣のゆるみを改善させる「膣縮小」の治療を受けましょう。

膣縮小を取り扱う病院は増えており、レーザー治療や高周波治療、磁気治療など、メスを使わない治療法も豊富です。メスを使った手術を行う場合でも、「入り口だけ」「奥だけ」など、それぞれの希望に沿った治療を行なってくれるクリニックがほとんどなので、安心して治療を受けられるはずですよ。

編集者後記

出産後には、多くの女性が膣のゆるみを経験していることがわかりました。膣のゆるみをパートナーに指摘されて傷ついた方や、夫婦で過ごす夜が辛いものに感じてしまっている方。

膣のゆるみから尿もれが起こり、外出や日々の生活が苦痛に感じてしまっている方など、さまざまな悩みを抱えた女性の体験談がありましたね。

体験談やデータから、悩みを抱える女性の多くは、「産後の一時的なものだから」と考えていることも読み解くことができました。

たしかに、産後の膣ゆるみは、出産をきっかけに、一時的に骨盤底筋群が衰えているだけとも言えます。しかし、「元に戻るきっかけ」を掴めないまま、衰えの一途をたどるケースも少なくありません。

まず、一番はじめに大切なのは、膣のゆるみときちんと向き合う気持ちです。「いまだけだから」と耐えるだけではなく、現状を打開するような取り組みをしてみましょう。

原因をきちんと知ったり、簡単な産後ケアをしたり、たったそれだけのことでも、大きく変わる可能性があります。改善の様子が見られない場合には、カウンセリングや治療を受け、ひとりで悩みを抱え込まないようにしてくださいね。

正しい治療法やアドバイスをくれる名医の徹底比較を見る

この記事をつくるのに参考にしたサイト・文献

名医で選ぶ

膣縮小クリニック
TOP

  • 2

    泌尿器医療に豊富な実績を持つ院長先生が率いる

    LUNA 骨盤サポート
    クリニック

    泌尿器医療に豊富な実績を持つ院長先生が率いる

    関口由紀先生

    関口由紀先生

    引用元:
    LUNA骨盤底トータルサポートクリニック
    http://www.luna-clinic.jp/about.html

    • 実績(症例数):
      公式サイトに記載なし
    • 対応施術:2種類
    • 住所:
      神奈川県横浜市中区元町2-96鈴音ビル2F

    LUNA 骨盤サポート
    クリニック
    公式サイトで相談する

  • 1

    女性器形成治療の実績

    3000症例以上の院長先生が対応してくれる

    みどり美容クリニック

    女性器形成治療の実績

    3000症例以上の院長先生が対応してくれる

    満行みどり先生

    満行みどり先生


    引用元:
    みどり美容クリニック
    http://www.midocli-ladys.com/doctor/

    • 実績(症例数):
      3,000症例以上
    • 対応施術:7種類
    • 住所:
      東京都渋谷区広尾5-16-2 KITAMURA65KAN 3F

    みどり美容クリニック
    【公式】お悩み相談室
    で相談をする

  • 3

    女性のお悩み別に経験豊富な専門の先生たちが対応してくれる

    東京イセアクリニック

    女性のお悩み別に経験豊富な専門の先生たちが対応してくれる

    三苫葉子先生

    三苫葉子先生


    引用元:
    東京イセアクリニック
    http://www.tokyoisea.com/
    doctor/
    mitoma/

    • 実績(症例数):
      公式サイトに記載なし
    • 対応施術:3種類
    • 住所:
      【渋谷院】東京都渋谷区桜丘町26-1 セルリアンタワー東急ホテルロビー階

    東京イセアクリニック
    公式サイトで相談する