【名医厳選】膣縮小ナビ » 膣治療【医療コラム】 » 【膣治療コラム】膣圧の測定

【膣治療コラム】膣圧の測定

尿漏れや入浴後のお湯漏れで悩んでいる女性は、膣圧が下がっているのかもしれません。日頃あまり気にする機会がない、自分の膣圧。膣のゆるみ気になっている女性はもちろん、「自分は大丈夫」と思っている人も一度測定してみてはいかがでしょうか。

膣圧とは?

膣圧とは、骨盤底筋と言われる膀胱や子宮、肛門まで続く直腸を支えて排泄をコントロールしている臓器の収縮によって、膣内にかかる圧力のことを指します。骨盤底筋は通常、5~7センチほどの厚みがあり、主に筋肉やじん帯、筋膜でできています。

膣圧の平均は20~40mmHg程度

膣圧には個人差があります。人によって筋肉量が異なるように、膣圧も年齢や生活習慣によって変化します。

日本人の膣圧の平均は20~40mmHgといわれています。20mmHgは力を入れていないときの平均値。力を入れていなくとも、私たちは膣圧が常にかかった状態で生活をしています。力を入れている時の平均値は40mmHg程度と言われています。

なんと膣圧が50mmHg程度あればバナナをちぎれるんだとか。とはいっても、膣圧が20~40mmHgあれば問題ないとされています。日常生活はもちろん、性生活にも支障はないので安心してくださいね。

次に当てはまる女性は膣圧が落ちてるかも

まずは普段の生活を思い出してみましょう。「くしゃみをしたときに尿漏れする」「入浴中に膣に水が入る」「入浴後、膣から水が漏れる」といった症状がある方は、膣がゆるんで膣圧が落ちているかもしれません。

また出産経験がある女性の場合、出産時には骨盤や筋に大きな負荷がかかるため、一般的に膣圧が低下しやすいといわれています。そのほか、デスクワークが中心の方も注意が必要です。座りっぱなしの状態を長時間続けると骨盤がゆがんでしまう可能性があり、筋力とともに膣圧も低下する可能性があります。

膣圧の測り方

自分で測ってみる

簡単な測定であれば、セルフチェックすることができます。クリニックで測定したほうが正しい数字を把握することができますが、「ちょっとクリニックで測るのは恥ずかしい」「まずは自分でこっそり測ってみたい」という女性は、セルフでできる方法で膣圧を測ってみましょう。

アイテムなしで測る方法

1番簡単なセルフチェック方法は、自分の指を用いて測定するやり方です。まず、清潔にした人差し指と中指の2本を、第2関節あたりまで膣に挿入します。その指を45度くらいまで開き、そのまま膣に力を入れて膣圧を測ります。

指に力を入れないと指が閉じてしまうようなら、平均的な膣圧があるということ。尿漏れやお湯漏れといった心配がなく、SEXの際にもオーガズムを得ることができます。

膣の収縮に抵抗するように開いた指に力を入れても、膣圧で指を閉じられるようなら膣圧は高め。また、抵抗のある指を閉じて持ち上げることができれば、膣圧はかなり高いほうです。

一方で「収縮は感じられるけど、指が閉じるほどではない」「収縮も感じられない」といった場合は、膣圧が低下しているシグナル。日常生活に支障が出ているようであれば、一度クリニックで相談してみるのがおすすめです。

専用機器やラブグッズを使う方法

もう少し具体的に測定したい場合、専用機器やラブグッズを使用することもできます。専用機器は通販で購入することができますが、価格が15万円弱ほどするため、より安価なラブグッズやクリニックで測定したほうが安く済ませられます。

膣圧アップのためのトレーニング機器としても使用可能なラブグッズは、高いものでも1万円前後と手を出しやすい価格。ボール型、バーベル型、ローター・バイブ型などその種類もさまざまです。

まずは自身の膣のサイズを把握することが大切なので、小さいサイズから試してみると良いでしょう。また保管や片付けの際には衛生面を注意して、使用する際はコンドームをつけてから使用するようにしてくださいね。

クリニックで測る

日常生活で尿漏れやお湯漏れといった支障を感じている人や、セルフチェックの結果「膣圧が下がっているかもしれない…」という女性は、クリニックで正確な数値を測定してみるのがおすすめです。

膣圧は人と比べることが難しく、自分では低下していると思っていても案外そうではないかもしれません。クリニックで測定する場合、1回5,000円前後で測定ができます。医師の手によって行われるため正確な数値が分かるだけでなく、衛生面でも安心できます。滅菌状態で医療機器を使用するため、感染症などの心配もありません。

また日常生活に支障がある場合は、医師に相談してみるのも良いでしょう。ぜひ検討してみてくださいね。

名医で選ぶ

膣縮小クリニック
TOP

  • 2

    泌尿器医療に豊富な実績を持つ院長先生が率いる

    LUNA 骨盤サポート
    クリニック

    泌尿器医療に豊富な実績を持つ院長先生が率いる

    関口由紀先生

    関口由紀先生

    引用元:
    LUNA骨盤底トータルサポートクリニック
    http://www.luna-clinic.jp/about.html

    • 実績(症例数):
      公式サイトに記載なし
    • 対応施術:2種類
    • 住所:
      神奈川県横浜市中区元町2-96鈴音ビル2F

    LUNA 骨盤サポート
    クリニック
    公式サイトで相談する

  • 1

    女性器形成治療の実績

    3000症例以上の院長先生が対応してくれる

    みどり美容クリニック

    女性器形成治療の実績

    3000症例以上の院長先生が対応してくれる

    満行みどり先生

    満行みどり先生


    引用元:
    みどり美容クリニック
    http://www.midocli-ladys.com/doctor/

    • 実績(症例数):
      3,000症例以上
    • 対応施術:7種類
    • 住所:
      東京都渋谷区広尾5-16-2 KITAMURA65KAN 3F

    みどり美容クリニック
    【公式】お悩み相談室
    で相談をする

  • 3

    女性のお悩み別に経験豊富な専門の先生たちが対応してくれる

    東京イセアクリニック

    女性のお悩み別に経験豊富な専門の先生たちが対応してくれる

    三苫葉子先生

    三苫葉子先生


    引用元:
    東京イセアクリニック
    http://www.tokyoisea.com/
    doctor/
    mitoma/

    • 実績(症例数):
      公式サイトに記載なし
    • 対応施術:3種類
    • 住所:
      【渋谷院】東京都渋谷区桜丘町26-1 セルリアンタワー東急ホテルロビー階

    東京イセアクリニック
    公式サイトで相談する