【名医厳選】膣縮小ナビ » 膣治療【医療コラム】 » 【膣治療コラム】正しい膣ケアや膣トレってどうやればいいの?

【膣治療コラム】正しい膣ケアや膣トレってどうやればいいの?

ふとした拍子に尿漏れをしたり、パートナーから膣の締まりがゆるくなったと指摘されたりして、膣のゆるみが気になった時、どのように膣ケアを行えばいいか知っている女性は少ないのではないでしょうか。そこで、ここでは日常的にできる正しい膣ケアの方法や、膣ゆるみを改善させる方法などについてご紹介します。

まずは膣の締まり具合をセルフチェック

膣圧などを詳しく調べようとするとクリニックで専用の測定器を使わなければなりませんが、膣がゆるんでいるかどうか簡単にチェックするだけであれば自分1人でも行えます。

膣ゆるみの自覚症状はあるか?

お風呂やプールに入った時、お湯や水が膣に入って、後で漏れてくるようであれば、膣ゆるみのサインかも知れません。また、せきやくしゃみをした拍子に尿漏れする場合も注意が必要です。[注1]

お風呂で膣の締まり具合をチェック

お風呂で湯船に浸かっている時などに、膣の締まり具合を簡単にチェックすることができます。手順は以下の通りです。[注2]

  1. バスタブの中でリラックスした状態で、三角座り(体育座り)をする。
  2. 人差し指と中指の2本を伸ばして(ピースサインを閉じた状態)、ゆっくりと膣へ挿入する。
  3. 2本の指が第2関節くらいまで入ったら、お腹とお尻の力は抜いたまま、膣だけに力を込めてみる。
  4. 指で膣の締まり具合を確認する。

この時、ほとんど膣の動きを感じられなかったり、指に全く圧を感じたりしなければ、膣のゆるみが進行していると考えられます。

膣ゆるみの改善には骨盤底筋の筋力アップが重要

膣のゆるみはかつて、妊娠を経験して、さらにある程度の年齢を重ねた女性に起こるといわれていました。

しかし現代では、長時間のデスクワークや運動不足によって、骨盤底筋を含んだ筋肉が弱くなり、20代でも膣ゆるみに悩む女性が増えています。[注3]

ですが、筋肉は正しくトレーニングを継続して行うことで機能を高めることが可能です。

そこで有効なのが骨盤底筋のトレーニング「膣トレ」です。

膣トレに効果的な運動としては、ヨガやピラティスといったインナーマッスルを鍛えられる体操の他にも、アメリカ人医師のケーゲルが尿失禁に悩む女性のために考案した「ケーゲル体操」など様々なものがあります。

ケーゲル体操

ケーゲル体操は骨盤底筋のトレーニングとして広く知られた方法です。方法は以下の通りです。[注4]

  1. 床に足が着く高さのイスに腰掛け、足を肩幅に開いて背筋を伸ばす。
  2. 肩の力を抜いてリラックスした後、膣と肛門をゆっくりと締めて5秒間キープ。その後、ゆっくりと力を抜いて膣をゆるめる。
  3. 「2」の動きを5回1セットにして、1日に4~5セット行う。

ケーゲル体操は慣れてくると立っている状態や寝ている状態でも行えるため、日常的に膣トレを行う習慣を付けておいても良いでしょうね。

ライフスタイルを改善して女性ホルモンの分泌を正常化

膣ゆるみの原因には、骨盤底筋の機能低下だけでなく、女性ホルモンの分泌異常による膣壁の縮退なども挙げられます。

膣壁は顔の肌と同様に、女性ホルモンが不足してコラーゲンが欠乏すると、膣のヒダが小さくなって膣がスカスカになってしまいます。

つまり、きちんと栄養を摂取して、充分な睡眠を取り、ストレスを抱えないようライフスタイルを改善することもまた、大切な膣ケアといえるでしょう。[注1]

膣内環境も要チェック

正常な膣の状態を保つ上で、膣の健康チェックも欠かせません。といっても、膣を清潔に保って、普段からおりものの色や形状を確かめておくといった、日常的なチェックが大切です。

おりものの量は人によって差がありますが、カス状のおりものや色の濃すぎるおりものが混ざっていたり、いつもより臭いがキツいと感じたりする場合は、病気の可能性もあります。[注5]

なお、膣を清潔に保つことは大切ですが、あまりにも神経質になって過度に洗いすぎてしまうと、逆に膣の表面で肌を守ってくれている常在菌を殺してしまって免疫力が低下するため、注意してください。

クリニックでの治療も効果的

セルフトレーニングで効果を実感できなかったり、何らかの異常を感じたりした場合は、クリニックで治療することもおすすめです。

クリニックでは手術だけでなく、医療用レーザーを使った治療や、専用機器を使ったトレーニングなども受けられるため、まずはカウンセリングで悩みを専門医へ相談してみることが良いかも知れませんね。[注6]

編集者後記

加齢によって膣のゆるみは起こりやすくなってしまいますが、それでも適切な膣ケアを継続していくことで、その症状をある程度まで予防したり改善したりすることはできます。

ただし、あまり神経質になりすぎたり、不安を抱え込んだりすると、それがまたストレスになってホルモンバランスを狂わせて、膣へ悪影響を与えることもあるでしょう。

適度な運動やトレーニングを行いつつ、毎日を明るく健康的に暮らせるよう心がけながら、それでも心配になるようであれば、気軽に医師へ相談して不安を解消することもおすすめですよ。

この記事をつくるのに参考にしたサイト・文献

名医で選ぶ

膣縮小クリニック
TOP

  • 2

    泌尿器医療に豊富な実績を持つ院長先生が率いるチーム医療で女性器の悩みを解決

    LUNA 骨盤サポート
    クリニック

    泌尿器医療に豊富な実績を持つ院長先生が率いるチーム医療で女性器の悩みを解決

    関口由紀先生

    関口由紀先生

    引用元:
    LUNA骨盤底トータルサポートクリニック
    http://www.luna-clinic.jp/about.html

    • 実績(症例数):
      公式サイトに記載なし
    • 対応施術:2種類
    • 住所:
      神奈川県横浜市中区元町2-96鈴音ビル2F

    LUNA 骨盤サポート
    クリニック
    公式サイトで相談する

  • 1

    女性器形成治療の実績

    3000症例以上の院長先生が対応してくれる

    みどり美容クリニック

    女性器形成治療の実績

    3000症例以上の院長先生が対応してくれる

    満行みどり先生

    満行みどり先生


    引用元:
    みどり美容クリニック
    http://www.midocli-ladys.com/doctor/

    • 実績(症例数):
      3,000症例以上
    • 対応施術:7種類
    • 住所:
      東京都渋谷区広尾5-16-2 KITAMURA65KAN 3F

    みどり美容クリニック
    【公式】お悩み相談室
    で相談をする

  • 3

    形成外科の技術をベースにつねに患者さんの満足度を追求していく姿勢をつらぬく

    東京イセアクリニック

    形成外科の技術をベースにつねに患者さんの満足度を追求していく姿勢をつらぬく

    山田奈々先生

    山田奈々先生


    引用元:
    東京イセアクリニック公式サイト
    http://www.tokyoisea.com/doctor.html

    • 実績(症例数):
      公式サイトに記載なし
    • 対応施術:2種類
    • 住所:
      【渋谷院】東京都渋谷区桜丘町26-1 セルリアンタワー東急ホテルロビー階

    東京イセアクリニック
    公式サイトで相談する