【名医厳選】膣縮小ナビ » 膣治療【医療コラム】 » 【膣治療コラム】膣ゆるみの原因

【膣治療コラム】膣ゆるみの原因

女性の膣は出産や加齢など、色々な原因によってゆるんでしまうことがあります。また、膣ゆるみを放置すると実生活で様々な支障を来すだけでなく、場合によっては手術まで必要となるかも知れません。そこで、ここでは膣がゆるむ原因や、膣がゆるんだ場合の悪影響、また膣ゆるみを予防したり改善したりするための対策について、医学的根拠に基づいて詳しく解説していきます。

なぜ膣はゆるんでしまうのか

膣がゆるんでしまう原因とは?

女性の膣がゆるんでしまう理由は複数あり、まずは原因をきちんと確かめなければなりません。

出産による膣ゆるみ

膣がゆるむ原因として最大とされるものが、出産です。

そもそも、人間の内臓は常に重力によって下へ引っ張られており、特に女性の体は子宮や膀胱といった臓器を正しい位置に固定しておけるよう、骨盤の一番下部(骨盤底)の周囲にある筋肉や肛門挙筋などの筋肉がしっかりと子宮下部や膣を引きしめて臓器を支えています。[注1]

しかし、出産で産道として子宮や膣などが通常に考えられないほど拡張されると、骨盤底の周囲にある靱帯や筋肉(骨盤底筋)が傷ついてしまい、結果的に膣や子宮を支える力が弱まって膣のゆるみが生じます。[注2]

通常、出産による骨盤底筋などの損傷は分娩後1~2ヶ月で回復しますが、出産後すぐに過酷な労働に従事したり、何度も出産を経験したりすることで、骨盤底筋の回復が遅れことが考えられます。[注2]

加齢による膣ゆるみ

加齢もまた、膣ゆるみの有力な原因の1つです。

骨盤底筋などの周辺は、顔の肌と同様に繊維性の組織によって弾力性と耐久性が高められており、それが子宮や膀胱などを支えるために大きな役割を担っています。しかし、加齢によって女性ホルモンが減少すると、組織の弾力性が失われ、骨盤底筋や靱帯の機能が低下します。[注3]

また女性ホルモンの減少によって、膣内部の粘膜組織でもコラーゲンが不足することで、若い頃は充分に存在していた膣壁のヒダなども減少して、膣内が平らになってしまいやすくなり、これもまた膣圧の低下を引き起こす一因です。[注4]

運動不足による膣ゆるみ

現代では、長時間のデスクワークや慢性的な運動不足によって、骨盤底筋を含めた全身各所の筋肉の力が低下して、20代の若者であっても膣がゆるんでしまうケースが増えていると指摘されています。[注4]

肥満・無理なダイエットによる膣ゆるみ

太りすぎて脂肪が増えて、本来の臓器だけでなく脂肪の重量分まで支えなければならないとなると、骨盤底筋などへの負担が増大することは必然です。[注2]

また、無理なダイエットによって体調を崩し、ホルモンバランスが崩れてしまえば、若い女性であっても膣ゆるみなどの症状が現れることもあるでしょう。

膣がゆるんでいるかも知れない自覚症状

自分の膣がゆるんでいるかも知れないと考えられる自覚症状として、以下のようなものがあります。[注5]

  • お風呂やプールへ入った時に膣へ水が入り、後から漏れてくる(お湯漏れ)。
  • 性交渉中や座った時などに、膣へ空気が入っておならのような音が出る。
  • せきやくしゃみをした時、また大笑いした時などに尿が漏れる。
  • タンポンがきちんと固定されずに下りてくる。
  • 性交渉中の感度が鈍くなった。

また上記の他にも、恋人や夫といった性交渉のパートナーから「膣の締まりが悪くなった」と指摘されたり、パートナーが膣内で射精できなくなったりと、大切な相手との関係の中で症状に気づく場合も少なくありません。[注5]

膣がゆるむことによるデメリット

膣がゆるむことのデメリットは、大きく3種類が挙げられます。[注5]

性交渉での満足度の低下

膣がゆるむことで互いに刺激が感じにくくなり、性的満足度が不足してしまうことは珍しくありません。

お湯漏れ・尿漏れ

骨盤底筋の機能が低下して膣ゆるんでしまったせいで、お湯漏れや尿漏れ(尿失禁)に悩んでしまう女性もいます。

骨盤臓器脱(子宮脱)

骨盤底筋の機能低下や膣ゆるみを放置した結果、症状がさらに悪化して、いよいよ子宮や膀胱といった臓器を支えられなくなることがあります。骨盤臓器脱まで進行してしまうと、改善には手術などの治療が必要となるため、可能な限り早い段階で対策を講じることが大切です。[注2]

膣ゆるみと尿失禁の関係を示唆する臨床実験

ここでは参考例として、尿失禁患者、もしくは過去に尿失禁の経験を持つ女性と、尿失禁未経験の女性との膣圧を比較したこの臨床実験をご紹介します。

この実験では、膣圧が平均して高いほど尿失禁リスクが低い結果が得られましたが、一方でデータにばらつきがあったこともあり、尿失禁には単純な膣圧だけでなく骨盤底筋の機能がより重要であると示唆されています。[注4]

膣のゆるみのチェック法(膣圧計測)

自覚症状があったとしても、症状がどの程度まで進行しているのか自分で確かめることは困難でしょう。そこで、クリニックで専用の測定器を利用して膣圧を測定することも有効です。

ただし、膣圧の測り方や結果は機器によって異なるため、継続的に観察する場合は同じクリニックや同じ機器で測定しなければなりません。

膣ゆるみの予防・改善方法

自宅でできるトレーニング

セルフトレーニングによって、自宅で骨盤底筋の筋力を高めて、膣圧アップを目指すことが可能です。効果的とされるトレーニングには、アメリカ人医師が考案した尿漏れ対策であるケーゲル体操や、ヨガ、ピラティスといったものがあげられます。

ただし、膣圧が高くなっても、膣そのものが広がっていればトレーニングだけで改善することはできません。[注5]

クリニックでの治療

クリニックでは、外科的に膣ゆるみを改善する膣縮小手術や、医療用レーザーやトレーニング装置を使った骨盤底筋の活性化、ヒアルロン酸を膣壁に注入して膣をせまくする施術など、様々な治療を受けられます。

ただし、治療によっては効果が一時的であったり、出産を計画している人には行えなかったりと条件もあるため、自分にとってどの治療がベストなのか主治医としっかり相談することが欠かせません。[注1][注2][注5][注6]

治療による自身やパートナーに与える性的感度への影響

ここでは、実際にクリニックでレーザーを使った膣の引きしめ治療を受けた女性と、そのパートナーを対象として行われた、治療前と治療後の違いに対するアンケート調査をご紹介します。

この記事をつくるのに参考にしたサイト・文献

名医で選ぶ

膣縮小クリニック
TOP

  • 2

    泌尿器医療に豊富な実績を持つ院長先生が率いるチーム医療で女性器の悩みを解決

    LUNA 骨盤サポート
    クリニック

    泌尿器医療に豊富な実績を持つ院長先生が率いるチーム医療で女性器の悩みを解決

    関口由紀先生

    関口由紀先生

    引用元:
    LUNA骨盤底トータルサポートクリニック
    http://www.luna-clinic.jp/about.html

    • 実績(症例数):
      公式サイトに記載なし
    • 対応施術:2種類
    • 住所:
      神奈川県横浜市中区元町2-96鈴音ビル2F

    LUNA 骨盤サポート
    クリニック
    公式サイトで相談する

  • 1

    女性器形成治療の実績

    3000症例以上の院長先生が対応してくれる

    みどり美容クリニック

    女性器形成治療の実績

    3000症例以上の院長先生が対応してくれる

    満行みどり先生

    満行みどり先生


    引用元:
    みどり美容クリニック
    http://www.midocli-ladys.com/doctor/

    • 実績(症例数):
      3,000症例以上
    • 対応施術:7種類
    • 住所:
      東京都渋谷区広尾5-16-2 KITAMURA65KAN 3F

    みどり美容クリニック
    【公式】お悩み相談室
    で相談をする

  • 3

    形成外科の技術をベースにつねに患者さんの満足度を追求していく姿勢をつらぬく

    東京イセアクリニック

    形成外科の技術をベースにつねに患者さんの満足度を追求していく姿勢をつらぬく

    山田奈々先生

    山田奈々先生


    引用元:
    東京イセアクリニック公式サイト
    http://www.tokyoisea.com/doctor.html

    • 実績(症例数):
      公式サイトに記載なし
    • 対応施術:2種類
    • 住所:
      【渋谷院】東京都渋谷区桜丘町26-1 セルリアンタワー東急ホテルロビー階

    東京イセアクリニック
    公式サイトで相談する