膣縮小で評判のクリニック&最新治療情報をまとめました
HOME » 膣縮小手術で評判の名医10選 » 吉沢クリニック

吉沢クリニック

このページでは、膣縮小を手掛けてしる吉沢クリニックの対応している治療法や費用、口コミ、クリニックの特徴や基本情報などをご紹介します。

新宿で30年の実績を持つ老舗クリニック

新宿の吉沢クリニックは、女性や男性のデリケートな部分から顔、ボディまで、あらゆる部分の美容整形を行なっているクリニックです。分院は作らず、吉澤伸二院長がカウンセリングから診察、手術、アフターケアまでを一貫して行なっているのが特徴です。

開院して30年以上という豊富な実績を持つ吉澤院長。さまざまな個人差があることを熟知しており、熟練の技術で患者には一人ひとりに合った施術・手術を行なっています。

完全予約制で他の患者と会うことはなく、待合室もプライバシーを確保。広告費などを抑えてその分を患者に還元。最初の診察時に伝えられた金額以外はかからないという明瞭会計で、リピーターが多いのもうなづけます。

吉澤式膣縮小術とは?

もともとは子宮がんを専門的に手掛けていた吉澤先生は、同院だけの「吉澤式膣縮小術」を開発。入り口だけでなく膣全体を引き締めるというもので、手術時間や費用も他院と比べると高額に見えますが、確実な効果を望む方に向いています。4種類の方法があり、悩みや希望に合わせた手術が行なわれます。

  • パターンⅠ
    費用:29万4000円(税別) 所用時間:1時間 ダウンタイム:性行為は1カ月後
    局所麻酔で、出産予定の人でも行なえる引き締め術。膣の後壁を入り口から奥まで狭めます。
  • パターンⅠエピ
    費用:42万円(税別) 所用時間:1時間 ダウンタイム:性行為は1カ月半後
    「パターンⅠ」よりより深く・広い部分の手術ですが、お産の予定がある人も受けられます。
  •  パターンⅡ
    費用:63万円(税別) 所用時間:90分 ダウンタイム:性行為は2カ月後
    膣壁にプラスして筋肉も縮めます。より大きな効果を求めたい人向きです。
  • パターンⅢ
    費用:94万5000円(税別) 所用時間:3時間 ダウンタイム:性行為は2カ月後
    膣前壁は尿道の下を入り口から奥まで狭くするので、膣は極端に狭まり、尿漏れにも効果大です。

ダウンタイムについては明確ではありませんでしたが、どの方法も入院は必要なく、翌日から家事など日常生活は遅れます。シャワーは3日後から可能です。

吉沢クリニックの評判は?

それでは、実際に「吉澤式膣縮小術」を受けた方の感想を聞いてみましょう。

数年前に吉沢クリニックで膣縮小を受けましたが、手術後は夫との性行為の回数がとても増えました。夫から優しく、大切にされるようになりました。
ベテランの先生だし、子宮がんの経験も豊富ということでで安心できました。思ったより出血も少なく、痛みもありませんでした。
技術力の高いクリニックだと思います。麻酔の注射の痛みもなかったし、スタッフの皆さんもとても親切でした。
とてもアットホームな雰囲気のクリニックで、先生もスタッフも親身に対応してくれます。駅のすぐそばだったので通いやすかったですね。 

吉沢クリニック
膣縮小の治療法 膣縮小手術(吉澤式膣縮小術)
費用目安 29万4000円〜95万5000円(税別)
住所 新宿区西新宿1-18-17ラウンドクロス西新宿5F
アクセス 各線「新宿駅」徒歩1分
診療時間 平日/10:00〜17:00、土曜/10:00〜13:00 完全予約制
女医 男性医師のみ
ホームページ http://www.yoshizawa.com/women/chitu.html
 
PAGETOP
【免責事項】このサイトは2016年09月時点の情報を元に制作しています。