膣縮小で評判のクリニック&最新治療情報をまとめました
HOME » 【切開・縫縮法】膣縮小の治療法をチェック 2 » レーザーを使用した手術(LVR)

レーザーを使用した手術(LVR)

このページでは、レーザーで切開・縫縮する膣縮小手術「LVR」の費用や方法、メリットやデメリット、口コミなどをご紹介します。

レーザーによる膣縮小手術「LRV」

メスを使用せず、レーザーで切開・縫縮する方法もあります。その方法をLVR(レーザー・ヴァギナ・リジュヴィネーション)と言い、女性器専用レーザーであるLaserProダイオードが用いられます。

特徴は、子宮口の手前までしっかりと引き締められること。子宮口手前までレーザーで切開し、筋肉から縫い上げていくので、膣全体をトータルで若返らせることができます。

また、レーザーを用いることで組織へのダメージが最小で済みます。それぞれの悩みや程度に合わせてオーダーメイドできるのも特徴です。

LVRのメリットとデメリット

  • 所要時間は1時間〜3時間程度。費用は後壁と前壁の引き締めで40〜80万円程度。後壁のみの場合はその半額程度のようです。

シャワーは3日目から浴びることができますが、入浴は1週間後から。性交渉は1〜1カ月半を開ける必要があります。この方法のデメリットはこのダウンタイムの長さですが、メスによる手術ほどは長くかからないと言われています。また、注入法やビビーブなどに比べると効果の持続が期待できます。一度で効果を実感できるので、コスパも悪くはありません。

ただ、半永久的な効果を望むなら、メスを用いた手術のほうがオススメかもしれません。

実際に治療を受けた人の体験談

それではLVRで膣の引き締めに成功した人たちの体験談をピックアップしてみましょう。

痛みはほどんどありませんでしたが術後1カ月まで不安はありました。でも効果を実感してからは受けてよかったと思うようになりました。術後も普通の生活が送れました。

主人から「出産してるんだから仕方ないよ」というようなことを言われてショックを受け、クリニックで相談してこの方法を試すことにしました。その日はお腹になんだか違和感がありましたがだんだん気にならなくなりました。主人が喜んでくれたのでよかったです。

レーザーには抵抗がなかったのでこの方法を試してみました。麻酔をしてからの手術なので、目が覚めたら終わっていました。一度の手術で効果を実感しています。見た目もよくなりました。 

 
PAGETOP
【免責事項】このサイトは2016年09月時点の情報を元に制作しています。