膣縮小で評判のクリニック&最新治療情報をまとめました
HOME » 【注入・照射法】膣縮小の治療をチェック 1

【注入・照射法】膣縮小の治療をチェック 1

膣のゆるみが気になっていても、メスを使ったいわゆる手術には抵抗がある人も多いことでしょう。

手軽で痛くない、最新の膣縮小はコレ!

そこで、このカテゴリではメスを使用しない4つの膣縮小の方法をご紹介します。

引き締め方法比較表

施術方法 費用 施術
時間
ダウン
タイム
メリット デメリット
ヒアルロン酸注入 15~25万円 10分 7日間 性行為も当日から可能で、即時に効果を実感 効果の持続期間が短く、繰り返し施術を受けないと元に戻ってしまう
脂肪注入 30万円前後 30分~2時間 7日間 自身の脂肪を利用するので安全で即時に効果を実感 ヒアルロン酸よりは長持ちするが持続期間は長くない
パールフィラー  45万円~ 10分 7日間 効果は半永久的で、即時に効果を実感 施術できるクリニックが少ない
ハイドロフィラー 25万円~ 10分 7日間 効果は2年と長くコスパも◯。即時に効果を実感 施術できるクリニックが少ない
ビビーブ 20数万
~35万円
30分 7日間 痛みがなく麻酔の必要もなし。自身のコラーゲンを増やして膣内を盛り上げる 効き目が現われるのは1カ月後から。閉経後の人の治療には向かない
Vタイトニングレーザー 20万円弱 15~30分 3日間 膣全体を引き締めることができ自身のコラーゲンを生成。即時に効果を実感でき、尿もれ改善効果も高い。効き目も2〜3年と長く費用も安い 施術できるクリニックが少ない
 
PAGETOP
【免責事項】このサイトは2016年09月時点の情報を元に制作しています。