膣縮小で評判のクリニック&最新治療情報をまとめました
HOME » 膣縮小の治療方法をチェック » 【注入法】脂肪注入

【注入法】脂肪注入

こちらでは、自分自身の脂肪を使って膣のゆるみを改善する「脂肪注入法」について紹介します。

「出産後から膣のゆるみが気になる」「尿漏れやお湯漏れが不快」という方はぜひ参考にしてください。

膣のゆるみを解消する膣縮小術・脂肪注入法

脂肪注入法とは、出産や加齢でゆるんでしまった膣壁に自分自身の脂肪を注入し、ボリュームをアップさせる治療法です。膣のゆるみによって起きる尿漏れやお湯漏れ、性交渉への不満を改善することができます。

脂肪注入法は「切らない膣縮小術」。メスを使わず注射器を使用するため、「膣のゆるみが気になるけど、切られるのは不安…」という方に特におすすめ。

ここでは、詳しい特徴や施術の流れ、メリットについてまとめました。施術を受けた方の口コミも紹介しているので、ぜひチェックしてみてくださいね。

自然な仕上がりが期待できる脂肪注入法

脂肪注入法の特徴は、仕上がりの手触りや感触、柔軟性に違和感がないこと。自分自身の細胞を使用するため、自然な仕上がりが期待できるのです。

メスを使用しない「切らない施術」のため、ダウンタイムが短く、傷跡が残らないのも嬉しいポイント。脂肪はお腹やお尻などの部分から吸引しますが、採取する量が少ないため、身体への負担は大きくありません。

薬剤ではなく自身の細胞を注入するので、アレルギーや副作用といったリスクがほとんどないのも、脂肪注入法の特徴です。安心して受けられる治療と言えるでしょう。

膣のゆるみを改善する脂肪注入法の仕組み

膣壁に脂肪を注入することで膣壁のボリュームがアップします。そのため膣がふっくらとし、気になる膣のゆるみを改善できるのです。

注入した脂肪細胞はヒアルロン酸といった薬剤とは異なり、完全に体内に吸収されることはありません。膣壁に生着し、新たな細胞として機能します。細胞レベルで膣のゆるみを解消でき、薬剤では叶えられない「真のボリュームアップ」が実現します。

膣のゆるみを改善する注入法の1つ「ヒアルロン酸注入法」の効果は6ヶ月~1年とされていますが、脂肪注入法は注入した脂肪が新しい細胞として生着するため、より高い持続性が期待できますよ。

脂肪注入法の施術の流れ

膣のゆるみを改善する、脂肪注入施術の流れをまとめました。クリニックによって異なることもありますが、一例として参考にしてください。

診察・カウンセリング

膣の気になる症状について医師またはカウンセラーに相談します。膣のゆるみ状態を確認することもあるそうです。

施術の内容に関わることなので、恥ずかしからずに症状を伝えるようにしましょう。どうしても恥ずかしい場合は「女性医師が在籍」「スタッフ全員女性」といったクリニックを選ぶと◎です。

撮影

術後の経過を確認するために、施術部位の写真を撮るケースがあります。

施術・脂肪吸引

お腹や太もも、お尻などから余分な脂肪を吸引します。必要な脂肪量は少ないので、身体への負担は大きくありません。

施術・脂肪注入

吸引した脂肪を膣壁に注入します。施術時間は個人差がありますが、1時間~1時間半程度です。施術の痛みはほとんどありません。

施術終了

注意事項やアフターケアの説明を受けます。ダウンタイムは3日~1週間程度。シャワーは施術当日から使用できますが、入浴や性交渉は1週間ほど控えるようにしましょう。

脂肪注入法のメリットまとめ

自然な仕上がりが期待できる

自分自身の脂肪細胞を注入するため、仕上がりの感触に違和感がありません。膣壁の新たな細胞として生着するので、薬剤を使わない、よりナチュラルなボリュームアップが可能です。

メスを使用しないから傷跡が残らない

脂肪注入法はメスを使用しない、切らない施術です。そのため傷跡が残ることはありません。手術と比較すると、ダウンタイムが短いのも特徴です。

アレルギーや副作用のリスクが少ない

薬剤を使用せず、自分自身の脂肪細胞を使うため、アレルギー反応や副作用が起きる可能性が低いのも脂肪注入法のメリット。「アレルギーが出ないか不安…」「安全な施術が受けたい」という方におすすめです。

脂肪注入法の口コミ・評判

「出産してから膣のゆるみが悩みの種でした。そこで脂肪注入法を受けてみたところ、膣のゆるみが明らかに改善されたようです。自分の脂肪ですから拒否反応はでないし、ダウンタイムも短かったのでパートナーにも気づかれませんでしたよ。」

「お湯漏れが気になっていたのですが、どうしても恥ずかしい気持ちがぬぐえなくて相談に行けず、ずっと悩んでいました。でも、この不快な症状を改善したくて思い切ってクリニックを受診。医師や看護師が優しく対応してくれたので、緊張が少し和らぎました。施術は痛むことなく、術後の腫れや内出血もありません。お風呂の時にお湯が入らなくなり、大満足しています。 」

出産を機に、お風呂に入ると膣にお湯が入ってしまう、足を広げると空気が入ったような感じがすることが悩みでした。「これ以上悩まされるよりは!」と、思い切ってクリニックへ。担当してくださった先生が同じ女性で、出産を経験されていたことから、とても話しやすく、手術を受ける時も心強かったです。脂肪注入手術を受けて、膣の引き締まりを実感。悩みがなくなったことで、毎日を快適に過ごせるようになりました。本当に施術を受けて良かったです。

膣への脂肪注入の手術を受けました。いざ始まると麻酔でぼーっとしてしまったこともあり、あっという間に終了。手術後は鈍い痛みがありましたが、我慢できる程度で処方されていた痛み止めは使いませんでした。太ももから脂肪を取ってもらったのですが、術後にアザになってしまい、少し焦りました。ですが、1ヶ月ほどでキレイに消えたのでホッとしています。手術を受けたことで下着を汚してしまうことがなくなったので、受けて良かったと思っています。

出産を経験してから、膣のゆるみがコンプレックスに。どうにかしたいとネットで検索していた時に婦人科形成の手術が目に留まりました。クリニックへ行くと先生とスタッフの方が笑顔で優しく対応してくれたので、ほっとひと安心。私は脂肪注入と小陰唇縮小術を組み合わせて受けたのですが、術後の出血はほとんどありませんでした。術後しばらくは違和感があったのですが、1ヶ月ほどで気にならなくなりました。

脂肪注入が受けられるクリニック【東京編】

膣のゆるみを解消する脂肪注入が受けられる東京都内のクリニックを調査。それぞれのクリニックの特徴もまとめているので、是非チェックしてみてください。

東京イセアクリニック

イセアクリニックの脂肪注入手術は、患者さんから採取した脂肪を膣の入り口付近の筋肉層に注入することで、膣への入り口を引き締めるものです。

施術は女性の体を熟知した形成外科専門の医師が行なうので、しっかりと効果を実感できるのだそう。

脂肪はヒアルロン酸よりも体に吸収されにくいため、平均して1回~3回ほどで半永久的な効果が得られます。

施術のカウンセリングやアフターケアは、女性医師が担当。施術を受ける人が安心できるように細やかな気配りを心がけているそうです。

施術の料金 368,000円~
診療時間 11:00~20:00
所在地 東京都中央区銀座6-2-3Daiwa銀座アネックス3F
アクセス 東京メトロ「銀座駅」徒歩2分

オザキクリニック

オザキクリニックの魅力は、経験豊富な熟練の医師による施術が受けられること。在籍している医師の中には症例数が数百件を超えるベテラン医師も。その他、希望すれば女性医師の指名も可能です。

脂肪注入手術は、体への負担を最小限にするため、脂肪注入をする注射針にもこだわっています。特殊な極細針を使用することで、痛みや傷跡を最小限に抑えられるのです。

オザキクリニックでは、患者さんの希望を叶えるために、婦人科形成の施術を提供しており、メスを入れる施術やレーザー治療なども組み合わせて受けることができます。

施術の料金 290,000円~
診療時間 平日/11:00~20:00
土日祝/10:00~18:00
所在地 東京都新宿区歌舞伎町1-1-17エキニア新宿7F
アクセス JR「新宿駅」徒歩5分

湘南美容クリニック

湘南美容クリニックで受けられる、脂肪注入手術は、膣の粘膜部分に、自分自身の脂肪を注入することです。

自分の脂肪を使うため、安全性が高く、メスを入れずに治療できるので、体への負担が少なくて済みます。メスで切開して行なう施術には抵抗があるという人におすすめ。

湘南美容クリニックの婦人科形成における治療実績は数千件以上もあるため、経験豊富。カウンセリング時に膣の状態を見極めて、それぞれに合わせた治療を提案してくれるでしょう。

施術の料金 214,500円~
診療時間 10:00~19:00
所在地 東京都新宿区西新宿6-5-1新宿アイランドタワー24F
アクセス JR「新宿駅」徒歩10分
 
PAGETOP
【免責事項】このサイトは2016年09月時点の情報を元に制作しています。