膣縮小で評判のクリニック&最新治療情報をまとめました
HOME » 膣縮小の治療方法をチェック » 【注入法】パールフィラー・ハイドロフィラー

【注入法】パールフィラー・ハイドロフィラー

メスを使わない膣の引き締め術である注入法の中でも、持続期間が長くコスパも良いと話題のパールフィラー・ハイドロフィラーについてご紹介します。

効果が持続する新しい注入法

ヒアルロン酸や脂肪を使用した注入法は、手軽である反面、「効果が持続しない」「結局はコストパフォーマンスがよくない」といった欠点があります。このようなデメリットを持たない注入法が「パールフィラー」や「ハイドロフィラー」です。

フィラーとは「ボリュームを出す」という意味。膣用の院プランとや膣内専用のヒアルロン酸を注入することで膣をしっかりと引き締め、効果持続期間が長いのも特徴です。

現在、この画期的な注入法を取り入れているクリニックは多くありませんが、安全で手軽、しかも効果が長続きすることからこの方法を選択する人も増えているようです。

パールフィラーで膣の引き締め

パールフィラーは、日本ではあまり知られていませんが、ヨーロッパなど20カ国以上で行なわれている施術です。とくに韓国では2400例以上が確認されている、実績のある施術といえます。

パールフィラーで注入するのは非吸収型のインプラントで、鼻やアゴの離隔形成にも用いられているものです。注入後は周囲に薄い膜が形成されるため、流れ出るリスクがありません。そのため半永久的な持続が期待できます。

  • 施術時間はわずか10分ダウンタイムは1週間程度で、費用は注入量にもよりますが45万円程度です。

ヒアルロン酸や脂肪注入法を繰り返すよりもコストパフォーマンスはかなりいいといえるでしょう。

安心して治療が受けられる
膣縮小術で評判のクリニックはこちら>>

ハイドロフィラーとは?

ハイドロフィラーは、膣内専用のヒアルロン酸注入法のことです。ヒアルロン酸注入法は手軽ですが、ヒアルロン酸が定着せずに流れてしまったり、吸収されてしまうことで効果が持続する期間は半年〜1年前後とされています。

対してハイドロフィラーは、効果はおよそ2年間。また、ハイドロフィラーの特殊成分が自身のコラーゲンやエスラチンを生成するため、自らハリを蘇らせることができます。そのため、閉経後の人にも適した方法と言えるでしょう。

  • 施術時間は10分と非常に短く、ダウンタイムは1週間程度。費用は注入量にもよりますが25万円程度です。

パールフィラーもハイドロフィラーも、何度も繰り返して注入したくないという人やコストを押さえたい人、短時間で施術を済ませたい人、また即日からの効果を期待したい人に向いています。 

パールフィラー・ハイドロフィラーが受けられるクリニック【東京編】

パールフィラー治療は都内でも受けられるクリニックは少なく限られています。ここでは、東京都内でパールフィラー治療を受けられるクリニックの基本情報や施術料金を紹介していきます。

みどり美容クリニック・広尾

みどり美容クリニック・広尾では、注射で膣内専用のヒアルロン酸を注入することで膣の引き締めを図る、ハイドロフィラー・ボリュームフィラー・パールフィラーを導入しています。注入するだけなので安全性が高く当日からシャワーOK。ダウンタイムが短いため比較的手軽に受けることができる膣縮小術です。

施術内容 料金
オリジナルハイドロフィラー 250,000円~(標準5本・注入量により変動)
プレミアムボリュームフィラー 375,000円~(標準5本・注入量により変動)
韓国式パールフィラー 450,000円~(標準5本・注入量により変動)
診療時間 10:00~19:00
所在地 東京都渋谷区広尾5-16-2KITAMURA65KAN 3F
アクセス 東京メトロ日比谷線「広尾」駅2番出口より徒歩1分

なおえビューティークリニック

なおえビューティークリニックでは、従来のヒアルロン酸フィラーを改良したパールフィラーを採用しています。生体適合性が高いため、体内に注入しても異物とみなされず安全。メスで切開するように身体に負担をかけることなく膣縮小ができると人気です。

施術内容 料金
パールフィラー 注入料:200,000円+25,000円/本(6本目からは21,000円/本)
ボリュームフィラー 注入料:100,000円+15,000円/本(6本目からは12,000円/本)
診療時間 平日/11:00~20:00
土日祝/10:00~19:00
所在地 東京都中央区銀座 5-5−1 ニュウ銀座千疋屋ビル9F
アクセス 東京メトロ「銀座」駅B5出口からすぐ
 
PAGETOP
【免責事項】このサイトは2016年09月時点の情報を元に制作しています。