【名医厳選】膣縮小ナビ » 東京で受けられる膣縮小の治療方法 » 【注入】性感帯の感度をアップさせてくれるG-Shot

【注入】性感帯の感度をアップさせてくれるG-Shot

膣内にある性感帯「Gスポット」にヒアルロン酸注入を行うことで、膣壁に隆起を作り出して性的感度・満足度を高められる施術G-Shotについて詳しく紹介します。

G-shot(不感症治療)が
受けられるクリニック【東京】

みどり美容クリニック

みどり美容クリニック・広尾公式HP

みどり美容クリニック・広尾公式HP
https://midocli-ladys.com/

日本で初めて女性器形成・婦人科形成専門クリニックとして開院したみどり美容クリニック・広尾。院長を務める満行みどり先生は、美容婦人科先進国であるアメリカ・ビバリーヒルズで、美容婦人科治療について学んだ経験も有しています。

スタッフは全員女性、治療はもちろんカウンセリングも個室で対応、無料カウンセリングやメール相談も実施…と、デリケートな悩みを抱えた女性にとことん寄り添ってくれるクリニックです。相談してみたいけど勇気が出ない…という方は、メール相談を検討してみてはいかがでしょうか。

みどり美容クリニックのG-shot(不感症治療)

性感帯といわれるGスポットにヒアルロン酸を注入して隆起させることで、性交時の快感を得やすくする施術です。みどり美容クリニックの特徴は、注入量を選べること(シングル・ダブル)。より高い効果を得たい場合はダブルを、初めてG-shotを受ける方はシングルで様子を見てみるのがおすすめです。

費用はシングルで15万円、ダブルで25万円。施術は院長を務める満行みどり先生が対応してくれます。G-shot自体は難しい施術ではありませんが、注入位置がずれたりすると効果が半減してしまいます。そういった意味でも、婦人科形成専門のみどり美容クリニックなら安心して任せられるでしょう。

みどり美容クリニック公式HPで
もっと詳しくみる

東京美容外科

東京美容外科公式HP

東京美容外科公式HP
https://www.tkc110.jp/

東京を中心に、全国各地に提携クリニックを展開する東京美容外科。大手美容クリニックグループだからこそ、「全国どこでも同じクオリティーで、患者さんの要望に沿える美容医療を提供すること」を重視しています。

都内には銀座院・新宿院・赤坂院の3院を用意。3院とも最寄り駅から5分以内と立地が良いのが特徴です。公式サイトには最寄り駅から各クリニックまでのアクセスルートをまとめた動画が掲載されているので、迷いそうで不安…という方は事前にチェックしてみてくださいね。

東京美容外科のG-shot(不感症治療)

東京美容外科では「Gトリートメント」という名称で、G-shotを提供しています。費用は15万円で、施術時間は10~20分程度です。

施術の際には静脈麻酔が用いられます。痛みは注射する際にちくっとする程度。麻酔が効き始めると、うとうとと眠ったような状態になるので「注射が苦手」「施術が怖い…」という方にもおすすめです。

東京美容外科公式HPで
もっと詳しくみる

本田ヒルズタワークリニック

本田ヒルズタワークリニック公式HP

本田ヒルズタワークリニック公式HP
https://hondahills-f.jp/

女性器整形専門を謡う本田ヒルズタワークリニック。カウンセリングから施術、アフターケアにいたるまで院長である本田医師が担当してくれます。男性医師ながら、プライバシーへの配慮にもこだわっており、できるだけ他の患者さんと顔を合わせずに済むように対応してくれます。

札幌から那覇まで全国に10院のクリニックを展開しており、東京エリアには東京駅前店があります。JR東京駅からほど近く、歩いて2分程度とアクセス良好。診療は22時まで、土日祝日も受け付けており、平日は忙しい方、日中は時間が取れない方でも無理なく通えるがの魅力です。

本田ヒルズタワークリニックのG-shot(不感症治療)

膣内にあるGスポットにヒアルロン酸を注入して、意図的に隆起させる治療です。性交時の満足度を高めたい方、Gスポットの場所が分からない方、感度をあげることでゆるみ・うるおい不足を改善したい方に推奨しています。

施術時間は5分程度、クリニックの滞在時間もトータルで30分程度と短いのが特徴。費用は5万円~となっています。ヒアルロン酸を2種類用意しており、半年程度の効果持続が望めるショートバージョンと、5年程度の効果持続が期待できるロングバージョンがあるそう。そのほか、パートナーの満足度UPを目的とした「M-shot」も用意しています。

本田ヒルズタワークリニック公式HPで
もっと詳しくみる

女性医療クリニックLUNA

LUNA骨盤底トータルサポートクリニック公式HP

LUNA骨盤底トータルサポートクリニック公式HP
http://www.luna-clinic.jp/

横浜・大阪にクリニックを構える女性医療クリニックLUNA。東京から受診するなら県をまたがなくてはなりませんが、知り合いとばったり会ってしまう可能性がぐっと下がるのが1つのメリットです。

G-shotをはじめ、モナリザタッチやハイフによる女性器治療、各種ピル外来、一般婦人科外来、不妊外来など、女性のデリケートな悩みに対する診療科目を幅広く用意。「いつまでも美しい女性のために」をコンセプトに、レベルの高い女性医療の実践を目指しているクリニックです。

女性医療クリニックLUNAのG-shot(不感症治療)

専用のヒアルロン酸をGスポットに注入して、膣壁をふっくらとさせることで快感を拾いやすくする施術です。予約状況にもよりますが、初めて来院した方でも、その日のうちに治療することが可能。所要時間は注入自体は数分程度で、診察なども含めると40~50分程度となるそうです

。費用は9万円~となっており、治療後の通院はとくに必要ありません。ダウンタイムもほとんどなく、当日から普段通りの生活に戻れます。

女性医療クリニックLUNA公式HPで
もっと詳しくみる

G-Shotの特徴

G-Shotは、女性の膣内にある性感帯Gスポットへヒアルロン酸を注入する施術です。ヒアルロン酸を注入することで、性感帯であるGスポットがふっくら盛り上がり、男性器との密着度を高めて性的感度をアップさせることができます。

注入は専用機器を使って行われるために、5分~10分ほどの処置で済みます。ダウンタイムも短く、翌日からパートナーとの性交渉を行えるのも特徴。また、ヒアルロン酸はもともと人間の体内にある成分であり、安全性が高い点も魅力です。

なかなか性行為に前向きになれなかったり、加齢とともに膣がゆるんで感度が低下してしまったりした人にもおすすめ。注入するヒアルロン酸の量によって隆起の大きさを調整できるため、はじめてG-Shotを受ける人は少量を注入して様子を見ることもできます。

効果が得られるのはなぜ?G-Shotの仕組み

Gスポットへの刺激を増やす

Gスポットとは、一般的に女性の膣口から2~6cmほどのところにある、腹部側の部分を指します。性感帯とされ、性行為の刺激を拾いやすい部分です。人によって具体的な場所は異なり、またGスポットでどの程度の快感を得られるかも個人差があります。刺激に慣れていくことで、性感帯として発達していくため、性的な経験が少ない人は快感を得にくいかもしれません。

このGスポットにヒアルロン酸を注入して、Gスポットを盛り上がらせるのが「G-shot」です。膣へ挿入された男性器との密着度が高まることで、性行為中にGスポットへ与えられる刺激を増やすことができ、快感を得やすくなるのです。

安全性の高いヒアルロン酸注入

ヒアルロン酸は肌組織をうるおす成分であり、軟骨の構成要素でもあります。人が生まれつき持っている重要な成分です。

G-Shotではヒアルロン酸を主成分とした製剤が使用されるため、人の体との相性が良く、副作用といったリスクも少ないとされています。

また、注入するヒアルロン酸の量を調整することで、Gスポットの盛り上がりの大きさも調整できるため、患者さんの経験や希望、体質などに応じて術後の状態を計算することが可能です。

継続使用で効果を維持できる

ヒアルロン酸はそもそも体内にある成分であり、施術によって注入してもやがて組織に吸収されてしまうという特徴があります。個人差もありますが、1年ほどで完全に吸収されてしまうとされています。

そのため、G-Shotの施術を受けても時間の経過とともにGスポットの隆起は減少していくので、術後の状態や効果をずっと維持していくためには、半年に1回程度のペースでG-Shotの施術を受ける必要があります。

また、女性器へのヒアルロン酸注入としては、膣縮小治療に特化したヒアルロン酸注入「パールフィラー」もあります。パールフィラーは非吸収型のヒアルロン酸注入であり、通常のG-Shotで使われるヒアルロン酸製剤よりも持続効果が高い点が特徴です。

ただし、パールフィラーではヒアルロン酸が体内へ吸収されにくいため、もしも術後の効果に不満があっても自然に解消できないというデメリットがあります。

G-Shotの施術の流れ

1.カウンセリングと術前検査

G-Shotで使われるヒアルロン酸製剤は安全性が高いとされていますが、アレルギーリスクなどが皆無というわけではありません。そのため、患者さんの体質や既往歴を医師にしっかりと伝えることが必要です。

また、そもそもGスポットで快感を得にくい人の場合、G-Shotを行ってもあまり効果を実感することができません。そこで、まずはカウンセリングを受けて自分にG-Shotが適しているのかどうか、術後の効果をどれくらい期待できるのかどうかなど、医師から直接お話を聞くようにしましょう。

2.注入量の決定

施術前にG-Shotで注入するヒアルロン酸の量を決定します。

一般的にG-Shotではシングルショット(1cc)の注入が基本となりますが、さらに注入量を2倍にするダブルショット(2cc)なども選択可能です。

注入量によって費用や効果に違いが生じるため、専門家の意見を聞いたうえで、自分が求めている状態にするために必要な量を指定します。

3.消毒・麻酔

G-Shotでは針をGスポットへ刺してヒアルロン酸注入を行うため、まず膣内を消毒してGスポットを清潔な状態にし、局所麻酔を行います。なお、痛みへの不安が強い人の場合は、笑気麻酔や静脈麻酔といった方法でより痛みを緩和・予防することが可能です。

ただし、クリニックによって実施している麻酔に違いがあるため、どのような痛みケアを行っているのかはカウンセリングの時点でしっかり確認しておきましょう。

4.ヒアルロン酸注入

あらかじめ決めていた量をGスポットへ注入します。注入量が多い場合、注入するポイントを調整しながら、術後の効果がより高められるようにしてくれます。

ヒアルロン酸注入は単純な施術と思われがちですが、じつは医師の技量と経験が必須の施術であり、特に女性の感度をどれだけ高められるかはヒアルロン酸の量だけでなく医師の腕に左右されます。

そのため、女性の体や患者さんの体質をきちんと理解したうえで、適切な注入を行ってくれる名医に治療をおねがいすべき。施術時間はおよそ数分~10分間程度と短いですが、決して安い施術ではありませんので、じっくり検討する時間を取りましょう。

5.術後ケア

施術直後は針穴から微量の出血の可能性があり、専用のタンポンを挿入したりナプキンを当てたりして過ごします。シャワーは当日から可能ですが、入浴や性行為は翌日からとなります。

施術当日より日常生活への支障はありませんが、何かしら不安やトラブルが生じた場合はすぐに担当医へ相談するようにしてください。

6.経過観察・再注入

注入したヒアルロン酸はやがて体内へ吸収され、G-Shotの効果も時間の経過と共に消失していきます。

もしもG-Shotの効果が薄れてきたと感じた場合、改めて担当医へ相談してみましょう。この体感度にはかなり個人差があるようです。また、継続して効果を維持したい場合は、ヒアルロン酸を再注入します。

G-Shotのメリットまとめ

性生活や日常生活の質を上げる

日本人の性行為は男性主体で行われているケースも多く、女性側は快感を得られていないケースが少なくありません。

G-ShotによってGスポットの感度を高めて、女性もパートナーとの性行為を楽しめるようになれば、女性にとってだけでなく2人にとって幸せなことといえるでしょう。

Gスポットの感度を高められる

Gスポットで快感を得にくい女性であっても、G-ShotでGスポットへの刺激を与えやすくすることで、徐々に性的感度を高めていくことができます。

そのため、G-Shotで体を発達させることができれば、やがてヒアルロン酸の効果が失われてからも性行為での満足感を得やすくなるといわれています。

注入量を調整できる

ヒアルロン酸を注入する量を調整して、Gスポットの隆起の大きさを変更可能なので、経験や体質を考慮して患者さんに合ったバランスを考えられる点はメリットといえます。

術後に不満があっても自然に解消する

ヒアルロン酸は時間経過によって体内へ吸収されるため、術後の状態に不満があっても解消のための再手術は必要ありません。

安全性が高い

安全性が認められているヒアルロン酸製剤を使用するため、副作用などのリスクが低い点もメリットのひとつです。

G-Shotのデメリットまとめ

そもそも感度の低い女性では効果が薄い

Gスポットの感度がそもそも低い人では、すぐに術後の効果を実感できません。ただし、継続していくことで感度を高めていくことは可能です。

効果はいずれ消える

ヒアルロン酸は1年ほどで完全に体内に吸収されてしまいます。半年ほどで膣壁の隆起は減少していくため、施術の効果を維持したいと思う場合は、ヒアルロン酸が減少したタイミングでの再注入が必要です。そのため継続的に費用がかかってしまいます。

G-Shotの口コミ・評判

吹き出し「子供を2人出産後膣の緩みに悩んでいました。旦那いも言われ出産したのでしょうがないのですが、なにか手軽で良い方法を探していました。膣ヒアルロン酸とGショットをやりました。痛みは全くありませんでした。施術前の準備に30分ほどだったかと思います。施術は15分程で終わりました。経過は順調でとくに言われていた出血などもなく、性行為も1週間すぎてからしましたが、やってよかったなと思います。」

「美容医療の口コミ広場|きょーてんさん 女性 20代 東京都」より一部抜粋:https://clinic.e-kuchikomi.info/detail/L_1100168/activity_detail/198036

吹き出し「ヒアルロン酸膣壁縮小、Gショットを受けました。痛みはほとんどなく、何となく軽い生理痛のような感じがありました。アフターケアで説明を受けたので1週間以上の期間を空けて、パートナーとセックスしました。施術したことは内緒にしていましたので、終わってから「何かいつもと違うね。キツく感じた。よかった。」と言ってもらえましたし、私自身もいつもと違う感じがありました。施術して初めてだったので大丈夫かと心配していたこともあり、あまり集中できなかったせいもあると思います。次からは安心して楽しもうと思います。」

「美容医療の口コミ広場|りらまこさん 女性 50代 神奈川県」より一部抜粋:https://clinic.e-kuchikomi.info/detail/L_1100168/activity_detail/116374

G-Shotはこんな人におすすめ!

SEX感度を高めたい

性感帯を開拓したい、これまで以上にSEX感度を高めたいというかたにおすすめの治療法です。

パートナーとの性生活を充実させたい

これまでぎくしゃくしていたパートナーとの関係を改善するために、性生活を充実させたいというかたに向いています。

G-Shot施術のリスク・副作用・注意点

痛みや違和感がある

注入には針を使うため、麻酔が切れてから痛みを感じることがあります。また、人によっては違和感を覚えるかもしれません。

アレルギー・感染症などのリスク

安全性の高いヒアルロン酸製剤ですが、アレルギーや感染症といったリスクは0ではありません。そのため、事前の検査やカウンセリングを受けてリスクを確認しておくことが非常に重要です。

当日の性行為は不可

G-Shotの効果は術後すぐに現れますが、当日の性行為はできません。

その他の膣縮小治療法に関する関連記事

【注入法】

【高周波】

【レーザー】

【手術】

名医で選ぶ

東京の膣縮小クリニック
3選

  • 2

    泌尿器医療に豊富な実績を持つ院長先生が率いるチーム医療で女性器の悩みを解決

    女性医療クリニック
    LUNAネクストステージ

    泌尿器医療に豊富な実績を持つ院長先生が率いるチーム医療で女性器の悩みを解決

    関口由紀先生

    関口由紀先生

    引用元:
    女性医療クリニックLUNAネクストステージ
    http://www.luna-clinic.jp/about/

    • 医師名:関口由紀先生
    • 実績(症例数):
      公式サイトに記載なし
    • 対応施術:2種類
    • 住所:
      神奈川県横浜市中区元町1-32 3F

    女性医療クリニック
    LUNAネクストステージ
    公式サイトで相談する

  • 1

    女性器形成治療の実績

    3000症例以上の院長先生が対応してくれる

    みどり美容クリニック

    女性器形成治療の実績

    3000症例以上の院長先生が対応してくれる

    満行みどり先生

    みつゆきみどり先生


    引用元:
    みどり美容クリニック
    http://www.midocli-ladys.com/doctor/

    • 医師名:
      みつゆきみどり先生
    • 実績(症例数):
      3,000症例以上
    • 対応施術:8種類
    • 住所:
      東京都渋谷区広尾5-16-2 KITAMURA65KAN 3F

    みどり美容クリニック
    公式サイトで相談をする

  • 3

    形成外科の技術をベースにつねに患者さんの満足度を追求していく姿勢をつらぬく

    東京イセアクリニック

    形成外科の技術をベースにつねに患者さんの満足度を追求していく姿勢をつらぬく

    山田奈々先生

    山田奈々先生


    引用元:
    東京イセアクリニック公式サイト
    http://www.tokyoisea.com/doctor.html

    • 医師名:山田奈々先生
    • 実績(症例数):
      公式サイトに記載なし
    • 対応施術:2種類
    • 住所:
      【渋谷院】東京都渋谷区桜丘町26-1 セルリアンタワー東急ホテルロビー階

    東京イセアクリニック
    公式サイトで相談する