【名医厳選】膣縮小ナビ » 東京で受けられる膣縮小の治療方法 » 【レーザー】立体的な膣縮小術「3Dタイトニング・4Dタイトニング」

【レーザー】立体的な膣縮小術「3Dタイトニング・4Dタイトニング」

こちらでは2種類のレーザーをさまざまな角度から当てて膣縮小を行う「3Dタイトニング・4Dタイトニング」を紹介しているページです。3D、4Dの違いや、一般的なレーザー治療との違いも網羅しています。施術の流れや、どのクリニックで行っているかといった紹介もしているので、ぜひご覧ください。

3Dタイトニング・4Dタイトニングの特徴

3Dタイトニングと4Dタイトニングは、どちらも「エルビウムヤグレーザー」と「ネオジウムヤグレーザー」の2種類を使って行なう膣引き締め治療のことです。膣壁の細胞にさまざまな角度から刺激を与えて引き締めます。

3Dタイトニングと4Dタイトニングの違いって?

3Dタイトニングと4Dタイトニングでは、使用しているレーザーの本数が違います。

3Dタイトニングは、

  • スムースモード
  • フラック3
  • ピアノモード

の3本で、膣内部をしっかり引き締めたいという方におすすめです。

4Dタイトニングは、

  • スムースモード
  • フラック3
  • ピアノモード
  • スーパーフィシャル

の4本。3Dで使用するレーザーに「スーパーフィシャル」を追加した4本で治療を行っています。

4Dタイトニングはスーパーフィシャルが加わることで、膣内部を引き締めるとともに外陰部の色を明るくすることが可能です。

使用しているレーザー

(スムースモード)スーパーロングパルスエルビウム

長い波長のエルビウムヤグレーザーで、コラーゲンの再構築を図る効果があります。

フラック3(ショートパルスヤグ)

波長が短い分、パワーの高いレーザーを照射することができるネオジウムヤグレーザー。膣粘膜にダメージをほとんど与えることがありません。膣の内部を再構築し、引き締めることができます。

ピアノモード(スーパーロングパルスヤグ)

長い波長のネオジウムヤグレーザーです。レーザーのなかでも膣壁の最も深いところまで届くのが特徴。スムースモード、フラック3との併用でコラーゲンを増やします。

スーパーフィシャル(ショートパルスエルビウム)

短い波長のエルビウムヤグレーザーで、ピーリング効果を持っています。膣内ではなく、外陰部の黒ずみが気になる部分に当てて色を明るくするレーザーです。

3Dタイトニング・4Dタイトニングによる膣縮小のしくみ

3Dタイトニング・4Dタイトニングは2種類のレーザーの波長を変え、4種類になったレーザーを一気に当てます。

一般的な治療法ではエルビウムヤグレーザーや炭酸ガスレーザーなどを使って粘膜の表面を削り、細胞構造の再構築を促していました。これはどちらも狭まった範囲しか効果がありません。

3Dタイトニング、4Dタイトニングは「膣上皮」「粘膜固有層」「筋層」「外膜」の4つすべての層にレーザーが照射可能。広範囲に照射することもできるので、より引き締め効果がアップできます。

3Dタイトニング・4Dタイトニングの施術の流れ

クリニックによって流れが変わってくるので、あくまで一例としてご覧ください。

予約

施術は完全予約制となっているので、まずは電話で予約をしましょう。メールでも予約が可能です。

カウンセリング

カウンセリングでは悩みの相談の他、利用者が疑問に思っていることや気になることを話すことができます。クリニックによってはカウンセラーが常駐しているところと、医師自らがカウンセリングを行うところがあります。

カウンセリング後は当日に診察、施術を行うかどうかの選択も可能です。

クリニックによっては無料カウンセリングを行っているところと、費用がかかるところがあります。事前に確認しておくと良いでしょう。

施術

3Dタイトニングの施術を受ける際にはとくに問題はありませんが、4Dタイトニングの場合は外陰部も関わってくるので、事前に剃毛しておく必要があります。

他にも、どのような事前準備が必要かをカウンセリングの際に確認しておくと、施術がスムーズにいくでしょう。

こんな人におすすめ!

痛くない治療を受けたい人に

3Dタイトニング・4Dタイトニングはメスを必要としない治療です。膣内にレーザーを照射し、細胞を活性化させてうるおいを取り戻してくれる簡単な施術なので、出血や火傷の心配はありません。治療時の痛みやダウンタイムが気になる人におすすめの治療です。

レーザー治療で高い効果を得たい人に

3Dタイトニング・4Dタイトニングは、通常のレーザー治療と比べて高い改善効果が得られます。これまでのレーザー治療は単一の波長が主流でしたが、3Dタイトニング・4Dタイトニングはその名の通り、3~4つの波長を生み出す機械を用いる治療です。複数の波長を照射することで、さまざまな角度から膣内へアプローチし、従来以上に膣の引き締め効果があると期待されています。

最新の治療を受けたい人に

3Dタイトニング・4Dタイトニングは、最新の膣縮小治療です。アメリカの美容医療雑誌にて、最優秀レーザー機器賞を獲得。医師と患者の両方から高い支持を得ており、今後多くのクリニックへ導入が期待されているレーザー治療です。日本では唯一、他施設共同治験施設と認定されているみどり美容クリニックに導入されています。

外陰部の黒ずみが気になる人に

4Dタイトニングは膣縮小だけでなく、外陰部の黒ずみも改善できます。4Dタイトニングには4つの照射モードがあり、その一つである「ショートパルスエルビウムモード」は簡単なピーリングができる治療モードです。この照射モードで外陰部に照射すると、古くなった角質を除去。黒ずんだ部分は角質とともに剥がれていくため、外陰部が明るい色に生まれ変わります。膣のゆるみと外陰部の黒ずみで悩んでいる人にとって一石二鳥の効果を得られる嬉しい治療です。

3Dタイトニング・4Dタイトニングのデメリット

症状により照射方法が変わる

気になるポイントが違うと照射方法が違ってくるので注意が必要です。正しく施術しないと効果が半減してしまうことも。膣内部の緩みと尿漏れ、どちらを主に治療したいのかをしっかりと伝える必要があります。

おりものが増える

新陳代謝が活発になることで、一時的におりものが多くなります。人によっては尿失禁と間違えるほど大量に分泌されることもあるので、ダウンタイム期間(3〜7日間)はおりものシートやナプキンなどを用意する必要があるかもしれません。

子宮や膀胱などの位置によって複数回の施術が必要

一度の照射で1年ほど効果が持続することがほとんどですが、出産や病気などで子宮や膀胱が通常より低い位置にある場合、年に2〜3度継続して施術する必要があります。クリニックによって治療費に違いがあるので一概には言えませんが、出費がかさむ可能性があります。

施術のリスク・副作用・注意点

施術を受けられるクリニックが少ない

手術方法としてはまだまだ珍しい3Dタイトニング・4Dタイトニング。女性器を専門とするクリニックも増えつつありますが、3Dタイトニング・4Dタイトニングを受けられるクリニックはそれほどありません。女性器手術の本場・アメリカではその効果が高く評価されているものの、日本ではまだあまり普及していないため、クリニック探しが難しい可能性があります。

外陰部の剃毛が必要

4Dタイトニングを施術する場合、外陰部の剃毛が必要となります。抵抗がない人にとっては問題ないかもしれませんが、抵抗がある人は事前に医師に確認しましょう。

参考元:インティマレーザー(Vタイトニングレーザー)|みどり美容クリニック・広尾(https://midocli.com/menu/vtightening)

3Dタイトニング・4Dタイトニングが受けられるクリニック

みどり美容クリニック

現在、日本で3Dタイトニング・4Dタイトニングを行っているクリニックは「みどり美容クリニック」のみです。

クリニックの院長を務める満行(みつゆき)医師は、アメリカレーザー医学会や日本美容皮膚科学会において日本で初めて膣縮小治療をはじめとする女性器治療の発表を行いました。

その症例実績が認められたことで、3Dタイトニング・4Dタイトニングの治療を行うアジア代表のクリニックとして、みどり美容クリニックが認定されています。

満行みどり医師

医師の経歴 2001年 国立佐賀医科大学医学部(現佐賀大学医学部)卒業
九州大学医学部付属病院第二外科、佐賀県立病院などで外科、救命救急、麻酔科全般を習得
2003年 聖心美容外科東京院、大阪院、福岡院にて勤務後、横浜院院長、全国診療医長を歴任
2009年 THE CLINIC TOKYO院長
2010年 みどり美容クリニック・広尾 開業
医師の実績 日本美容外科学会会員
アメリカレーザー医学会ASLMS:American Society for Laser Medicine and Surgery正会員
LVR,DLV認定医
ビビーブ認定医
ベイザーハイデフ認定医
治療の姿勢 「女性器の悩みに対応できる女性専用クリニックをつくりたい」という志のもと、みどり美容クリニック・広尾を開業した満行みどり医師。日本人で初めて膣の引き締めに関する発表をアメリカレーザー医学会で行い、膣縮小効果を期待できるLVR,DLV治療の認定医の資格を取得するなど、女性器に関する治療のパイオニアともいえる存在です。
医師の経歴 2001年 国立佐賀医科大学医学部(現佐賀大学医学部)卒業
九州大学医学部付属病院第二外科、佐賀県立病院などで外科、救命救急、麻酔科全般を習得
2003年 聖心美容外科東京院、大阪院、福岡院にて勤務後、横浜院院長、全国診療医長を歴任
2009年 THE CLINIC TOKYO院長
2010年 みどり美容クリニック・広尾 開業
医師の実績 日本美容外科学会会員
アメリカレーザー医学会ASLMS:American Society for Laser Medicine and Surgery正会員
LVR,DLV認定医
ビビーブ認定医
ベイザーハイデフ認定医
治療の姿勢 「女性器の悩みに対応できる女性専用クリニックをつくりたい」という志のもと、みどり美容クリニック・広尾を開業した満行みどり医師。日本人で初めて膣の引き締めに関する発表をアメリカレーザー医学会で行い、膣縮小効果を期待できるLVR,DLV治療の認定医の資格を取得するなど、女性器に関する治療のパイオニアともいえる存在です。
施術内容 料金
3Dタイトニング 248,000円(1回)
4Dタイトニング 298,000円(1回)
3Dタイトニング 料金 248,000円(1回)
4Dタイトニング 料金 298,000円(1回)
所在地 東京都渋谷区広尾5-16-2KITAMURA65KAN 3F
アクセス 東京メトロ日比谷線「広尾」駅2番出口より徒歩1分
診療時間 10:00~19:00
休診日 年中無休
TEL 03-5789-1107

みどり美容クリニックの公式HPで
相談申し込みする

他の治療法も対応している東京の名医の徹底比較を見る

その他の膣縮小治療法に関する関連記事

【注入法】

【高周波】

【レーザー】

【手術】

名医で選ぶ

膣縮小クリニック
TOP

  • 2

    泌尿器医療に豊富な実績を持つ院長先生が率いるチーム医療で女性器の悩みを解決

    LUNA 骨盤サポート
    クリニック

    泌尿器医療に豊富な実績を持つ院長先生が率いるチーム医療で女性器の悩みを解決

    関口由紀先生

    関口由紀先生

    引用元:
    LUNA骨盤底トータルサポートクリニック
    http://www.luna-clinic.jp/about.html

    • 実績(症例数):
      公式サイトに記載なし
    • 対応施術:2種類
    • 住所:
      神奈川県横浜市中区元町2-96鈴音ビル2F

    LUNA 骨盤サポート
    クリニック
    公式サイトで相談する

  • 1

    女性器形成治療の実績

    3000症例以上の院長先生が対応してくれる

    みどり美容クリニック

    女性器形成治療の実績

    3000症例以上の院長先生が対応してくれる

    満行みどり先生

    満行みどり先生


    引用元:
    みどり美容クリニック
    http://www.midocli-ladys.com/doctor/

    • 実績(症例数):
      3,000症例以上
    • 対応施術:7種類
    • 住所:
      東京都渋谷区広尾5-16-2 KITAMURA65KAN 3F

    みどり美容クリニック
    【公式】お悩み相談室
    で相談をする

  • 3

    形成外科の技術をベースにつねに患者さんの満足度を追求していく姿勢をつらぬく

    東京イセアクリニック

    形成外科の技術をベースにつねに患者さんの満足度を追求していく姿勢をつらぬく

    山田奈々先生

    山田奈々先生


    引用元:
    東京イセアクリニック公式サイト
    http://www.tokyoisea.com/doctor.html

    • 実績(症例数):
      公式サイトに記載なし
    • 対応施術:2種類
    • 住所:
      【渋谷院】東京都渋谷区桜丘町26-1 セルリアンタワー東急ホテルロビー階

    東京イセアクリニック
    公式サイトで相談する