膣縮小で評判のクリニック&最新治療情報をまとめました
HOME » 【注入・照射法】膣縮小の治療をチェック 1 » 高周波【ビビーブ】

高周波【ビビーブ】

痛みがなく麻酔もいらない、高周波エネルギーを照射して膣縮小を行なう「ビビーブ」の詳細や口コミ、費用の相場などをご紹介します。

ビビーブによる膣縮小のしくみ

ビビーブ(viveve)は、高周波による膣縮小の施術の名称です。メスを使わずに膣のゆるみを解消するもので、膣の入り口側を引き締めるのが特徴です。

ビビーブの技術が画期的なのは、高周波エネルギーを当てることで膣内のコラーゲン生成を促進すること。高周波によって膣内部が収縮するとともに膣壁の細胞が活性化し、その結果コラーゲンの量が増えて膣は自らの作用でフックラします。この効果は手術では得られないもので、施術を行なった人の、およそ9割がその効果を実感しているそうです。

自身のコラーゲンで膣を引き締め

ビビーブは「膣のサーマクール」とも呼ばれており、痛みがないため、麻酔なども必要ありません。30分程度で済み、傷跡も残らず、ダウンタイムも7日程度。施術に使われる機器はヨーロッパのECマークも取得している安全性の高いものなので安心です。

施術が一度で済むので繰り返し受ける必要はありませんが、持続期間は1年程度と言われています。また、効果は徐々に現われてくるため、即日からの効果は実感できません。「Viveve臨床試験3<2009年>」によれば1カ月後に67%の人が、半年目に87%の人が効果を実感したとのこと。これは、自身のコラーゲンがその頃に増えていくためだと考えられます。

  • 費用は20数万円〜35万円ほどで、クリニックによって若干の差が生じるようです。

ビビーブは、閉経後の女性には適さず、半年以内に出産の予定がある人、授乳中の人は避けたほうがよいと言われています。

ビビーブの口コミ体験談

それではビビーブを実際に受けた人の口コミをピックアップしてみましょう。

「膣にお湯が入るなど、膣内が痩せてきたのが悩みでした。ビビーブを行なってからは膣内がフックラしてきたので、尿意も我慢できるようになりました」
「出血などもなく痛くもないと聞いてビビーブを受けました。受けた後は主人との夜の生活にもハリが出ました!」
「彼氏に緩いと言われていたのですが、ビビーブを受けてからそのような発言はなくなりました。やってよかった!」
「痛みはまったくなく、じんわりと暖まる感じでした。時間が経過するにつれ、引き締め効果が高まっているようです」 

 
PAGETOP
【免責事項】このサイトは2016年09月時点の情報を元に制作しています。