膣縮小で評判のクリニック&最新治療情報をまとめました
HOME » 【注入・照射法】膣縮小の治療をチェック 1 » レーザー【Vタイトニングレーザー】

レーザー【Vタイトニングレーザー】

このページでは膣の引き締めに用いられるレーザー「Vタイトニングレーザー」の治療法の詳細や、実際に施術を受けた人の口コミ体験談などをご紹介します。

痛くないレーザーで効果も大!

膣縮小のレーザー治療器として注目されているのが「Vタイトニングレーザー」です。これまでも膣縮小にレーザーは用いられてきましたが痛みを伴うため、局所麻酔や静脈麻酔が使用され、施術時間も数時間、ダウンタイムも10日〜1カ月半と長期でした。また施術後の出血や高額な費用といったデメリットもあります。

対して「Vタイトニングレーザー」は、

  • 施術時間はたったの15〜30分!
  • ダウンタイムは3日程度
  • 費用は10数万円〜

と、これまでのレーザー治療のデメリットをすべて克服しています。

膣全体を引き締められる!

「Vタイトニングレーザー」の最大のメリットは、膣全体を引き締められること。専用のアプリケーターを用いて膣壁にレーザーを照射しますが、照射範囲は膣全体。レーザーを照射された部分は細胞内のコラーゲン繊維を生成します。そのため膣内が盛り上がって緩みを解消します。

効果が即日から現われるというのもうれしい限り。閉経後の人や尿もれに悩む人にも適しているので、あらゆる年代・悩みに適した方法といえるでしょう。効果も2〜3年と長く、費用も押さえられるのが特徴です。

Vタイトニングレーザーの口コミは?

それでは、この方法で膣引き締めに成功した人の声を聞いてみましょう。

「40代です。施術中も施術後も、痛みはほとんど感じませんでした。締まりがよくなって尿もれもかなり改善され、以前は尿もれパッドなどを使っていたのが安心して外出できるようになりました」
「30代ですが、パートナーに膣の緩みを指摘されたことからこのレーザーによる施術を受けました。少しだけピリっとしましたが施術後1日でそれも消えます。施術後は膣の密着感を感じることができたし、空気も入らなくなりました」
「50代ですが、入浴すると膣にお湯が入るようになりました。施術中の痛みはまったくなく、施術後は膀胱炎にならなくなったし、おりものの量も減少。以前はゼリーを使用して性行為をしていたのが性交痛も減りました」 

この施術が受けられるクリニックはこちら>>

 
PAGETOP
【免責事項】このサイトは2016年09月時点の情報を元に制作しています。