【名医厳選】膣縮小ナビ » 膣治療コラム » なぜ性交痛が起こるの?更年期とは関係がある?

なぜ性交痛が起こるの?更年期とは関係がある?

  

パートナーには率直に言いにくいものの、内心は「痛くて入らない…」「入れると痛い…」と思っている女性は、とても多いようです。言いたくても言えない性交痛の悩みについて、ここでは、その原因や更年期との関係、治療による改善の可能性などについて解説します。

性交痛が起こる原因とは

性交痛が起こる主な原因として、以下の6つを見てみましょう。

濡れない

性的興奮を感じた女性の体内では、オキシトシンと呼ばれるホルモンの働きにより、下半身に大量の血液が流入します。この血液が膣の周りの毛細血管に充満し、血管壁が広がって「濡れる」という状態を導きます。

逆に言えば、性的興奮を感じない理由(前戯不足、疲労、ストレスなど)があれば「濡れない」ということ。「濡れない」状態で無理にセックスをすれば、当然、性交痛を感じることでしょう。

精神的な理由

「過去のセックスが痛かった、怖かった」「セックスはダメなことだと教わってきた」「パートナーへの愛情がなく、むしろ不満が多い」など、セックスに対する何らかの精神的なブレーキが働いた場合、膣は十分に濡れないことがあります。パートナーと話し合うなどし、精神的な原因を少しずつ解きほぐしていくことが大切でしょう。

女性ホルモンの低下

女性ホルモン「エストロゲン」の分泌量低下により、膣内のうるおいも低下する傾向があります。詳細は後述しますが、その代表的な例が更年期です。更年期とは、言い換えれば女性ホルモン「エストロゲン」の低下を原因とする様々な自覚症状のこと。これら自覚症状の一つとして、膣内のうるおい不足による性交痛があるということです。

運動器系の疾患

女性ホルモン「エストロゲン」の分泌量低下により、骨や筋肉などの運動器系に疾患が現れやすくなります。具体的には、骨や筋肉、関節など。これら運動器系に痛みを生じることが精神的ブレーキとなり、膣内が濡れにくくなる原因になることがあります。関節などの痛みが生じないよう、パートナーへの思いやりのあるセックスを心掛けましょう。

婦人科系の疾患

濡れているにも関わらず性交痛を感じる人、または、非常に強い性交痛を感じる人は、その原因として婦人科系の疾患が考えられるので注意が必要。具体的には、子宮内膜症や子宮筋腫、クラミジア感染症、カンジダ外陰腟炎などです。婦人科系の器官については、定期的な検査を受けることが理想です。

体位

膣内が十分に濡れているにもかかわらず、女性の後ろから男性がペニスを挿入する、いわゆる後背位において性交痛を感じる、という女性は少なくありません。その理由は、正常位に比べ、後背位のほうがペニスが奥まで届くから。また後ろから挿入されることで、膣内が突き上げられるようになることも痛みの原因になるとされています。

更年期と性交痛には関係があるのか

更年期が性交痛の原因というわけではありませんが、更年期と性交痛の間に一定の関係があることも確か。更年期と性交痛みとの関係について、以下3点のポイントを理解しておきましょう。

女性ホルモン「エストロゲン」が減少すると性交痛を発症することがある

更年期に差し掛かると、急激に女性ホルモンの「エストロゲン」の分泌量が低下。「エストロゲン」が減ることで、膣が乾燥しやすくなったり膣内が濡れにくくなったりします。その状態で性交を行った場合、膣内が傷ついて出血してしまうことも。閉経前後の約10年間、一般的には40代後半からの約10年間において、そのような症状が生じる可能性があることを理解しておきましょう。

更年期の女性に多く見られる性交痛の症状

エストロゲンの減少によって膣内のうるおいが不足すると、膣の内壁にヒリヒリした痛みを感じます。また、更年期は精神面に影響を与えることも知られているため、気分の落ち込み等からセックスへの意欲が高まらず、結果、濡れにくくなって性交痛を悪化させるという悪循環を招くこともあります。

更年期以外でも見られる性交痛

更年期で多く見られる性交痛ですが、性交痛を更年期特有の症状と考えることは誤解です。産後や生理前、久しぶりにセックスするときなどには、更年期とは縁遠い若い人であっても、更年期と同様の性交痛を自覚することがあります。

性交痛は治療で治せるのか

以上、性交痛の原因や性交痛と更年期との関係などについて見てみました。

病気や加齢が原因の性交痛であれば、医療機関における治療で症状が改善・緩和する可能性があります。ただし、心理的な要因による性交痛の場合には、改めてパートナーとの関係性の構築を図ったり、市販されている潤滑ジェルを使用したりして、解決を試みるしかありません。

いずれの理由による性交痛であっても、専門の医師のカウンセリングを受けることが解決への近道であることは確か。医療で対応できる症状かどうかを判断してもらうことが、次なるステップへとつながるからです。

性交痛にお悩みの方は、まずは実績豊富なクリニックで相談してみるようにしましょう。

名医で選ぶ

東京の膣縮小クリニック
3選

  • 2

    泌尿器医療に豊富な実績を持つ院長先生が率いるチーム医療で女性器の悩みを解決

    女性医療クリニック
    LUNAネクストステージ

    泌尿器医療に豊富な実績を持つ院長先生が率いるチーム医療で女性器の悩みを解決

    関口由紀先生

    関口由紀先生

    引用元:
    女性医療クリニックLUNAネクストステージ
    http://www.luna-clinic.jp/about/

    • 医師名:関口由紀先生
    • 実績(症例数):
      公式サイトに記載なし
    • 対応施術:2種類
    • 住所:
      神奈川県横浜市中区元町1-32 3F

    女性医療クリニック
    LUNAネクストステージ
    公式サイトで相談する

  • 1

    女性器形成治療の実績

    3000症例以上の院長先生が対応してくれる

    みどり美容クリニック

    女性器形成治療の実績

    3000症例以上の院長先生が対応してくれる

    満行みどり先生

    みつゆきみどり先生


    引用元:
    みどり美容クリニック
    http://www.midocli-ladys.com/doctor/

    • 医師名:
      みつゆきみどり先生
    • 実績(症例数):
      3,000症例以上
    • 対応施術:8種類
    • 住所:
      東京都渋谷区広尾5-16-2 KITAMURA65KAN 3F

    みどり美容クリニック
    公式サイトで相談をする

  • 3

    形成外科の技術をベースにつねに患者さんの満足度を追求していく姿勢をつらぬく

    東京イセアクリニック

    形成外科の技術をベースにつねに患者さんの満足度を追求していく姿勢をつらぬく

    山田奈々先生

    山田奈々先生


    引用元:
    東京イセアクリニック公式サイト
    http://www.tokyoisea.com/doctor.html

    • 医師名:山田奈々先生
    • 実績(症例数):
      公式サイトに記載なし
    • 対応施術:2種類
    • 住所:
      【渋谷院】東京都渋谷区桜丘町26-1 セルリアンタワー東急ホテルロビー階

    東京イセアクリニック
    公式サイトで相談する